Apple Watchのスクリーンショットの撮り方 watch OS3

現在のApple Watchのスクリーンショットの撮り方を書きます。

以前は、手首を曲げたときに勝手にスクリーンショットが何枚も撮られて、うっとおしくて設定を外していましたが、最近Apple Watchでのスクリーンショットが取れなくなってしまいました。

改めて調べてみたところ、以前とは撮り方が違っていると感じました。

設定

▲ウォッチアプリから、一般を選び、

▲スクリーンショットをオンにします。

OSのバージョンによっては、デフォルトがオフになっているようです。

撮り方

サイドボタンを長押ししながら、デジタルクラウンを押します。

以前は同時に押すと撮れていました。

そのため手首を曲げたとき、何度もスクリーショットが撮れてしまって、写真アプリがApple Watchのスクショで溢れてしまっていました。

サイドボタン長押しが入ったので、自然に撮れてしまうことがなくなったのだとわかりました。

まとめ

Apple Watchのスクリーンショットの撮り方を改めて調べて、やっと確実に撮れるようになりました。

最初の頃に比べて、手首を曲げたときに、自然に撮れてしまうことがなくなった理由もわかりました。