リメンバー・ミー 【映画レビュー】

大人も感動する映画です。

最後にミゲルがリメンバ・ミーを歌う場面では、涙腺が緩みました。

この映画で印象に残ったのは以下の点です。

  • 信念を貫くことの大切さ
  • 死者の国の鮮やかな描写
  • あの世に逝っても、我が子を愛おしく思う気持ちに感動

ネタバレしないよう、それぞれのポイントについて感想を書きます

リメンバー・ミー 【映画レビュー】

音楽をやりたいという信念を貫いたミゲル

主人公の音楽が禁止という家族の中にあっても、頑なに音楽がやりたい、コンテストに出て夢を掴みたいという気持ちを忘れませんでした。

ミゲルは、最終的に、その夢を叶えることができたのです。

夢を持ち続けることの大切さを感じました。

死者の国の鮮やかさと賑やかさ

死者の国は、空間に張り巡らされた交通網が発達し、この世以上に活気のある世界でした。

死者の日に、この世に帰ってくるシステムが非常に面白く描かれていました。

そして死者の国の、色使いが鮮やかで圧倒されました。

ぜひ上映で見るべき映像です。

あの世に逝っても我が子のことを思い続ける

生き別れになった我が子にどうしても会いたくて、いろんな手段を取って、死者の日にこの世に帰ろうとする父親の姿に心を打たれます。

まとめ

途中に、予想外のストリー展開があり、どんどんと引き込まれました。

最後は感動のラストシーンです。

アニメですが、大人こそが見るべき映画です。