Apple Magic keyboard MacBook12インチと同じキー間隔、ストロークで使いやすい

Mac miniのキーボードを、HHKBからMagic keyboardに切り替えました。

理由は、外出時に使用しているMacBookと同じキーボードにすることで、タイピング環境が一致して、タイピングのストレスが減り、タイピングスピードが上がるのではないかと期待したからです。

まずは購入してみた初日の感想を書きます。

開封の儀

▲コンパクトな箱です。

Amazonで注文して翌日届きました。

▲箱を開けてみました。

キーボードがぴったりサイズで収まっています。

▲MacBookと幅が全く同じです。

▲MacBookの上に重ねてみたら、ぴったり同じサイズでした。

▲MacBookと数字キーまでは同じ幅の配列です。

最上列のファンクションキーのみ形状が違います。

▲HHKBとも大きさはほとんど変わりません。

セットアップ

▲箱を開けると、ケーブルが入っていて、有線のタイプだったのか!と一瞬焦りました。

これは、充電用のライトニングケーブルでした。

Appleが今どき有線キーボードを発売しているはすはないですよね(笑)。

キーボードも充電できるのは、電池が不要で便利です。

▲ライトニングケーブルをつなぐと自動的にペアリングされました。

セットアップはこれ以外することはなく、充電は80%ほどされていましたので、ライトニングケーブルを外して、すぐに使用開始できました。

1度の充電で1ヶ月持つそうです。

▲厚さは非常に薄く、少しだけ傾斜があります。

HHKBは高さがあったので、少しだけ違和感がありますが、MacBookの高さと同じなのですぐに慣れるでしょう。

打鍵感

MacBook12インチの浅い打鍵感がとても気に入っています。

Magic KeyboardはMacBookよりは不快ですが、軽い打鍵感でとても打ちやすく感じました。

何より、キーピッチが同じなので、自宅でも、外出先でも環境が統一されたというのが大きいです。

なぜ、このことに今まで気づかなかったのかと思うくらいです。

しばらく使用してみて、何か変化があったらまた報告します。