Hue (ヒュー) Philips を書斎にセットした Amazon Alexaに連携できて便利!

とにかく、集中力を高めるために、良質の睡眠を得るための努力は惜しみたくありません。

Daigoさんの『超集中力』で、音で目覚めるより、光で目覚める方が、目覚めがよくなると学びました。

Hueは、アプリで点灯をコントロールできるスマート照明で、決められた時間に朝日のように、徐々に明るくしていく目覚ましモードがあります。

これを使いたくて、Hueを購入しました。

開封の儀

▲購入したのは、電球2つとHueブリッジがセットになっている、スターターキットです。白色系しか使わないので、フルカラーは選びませんでした。

フルカラーにすると値段が倍近くになってしまいます。

▲外箱裏面には、Hueでできることが簡単にまとめられています。

▲外箱を開けたところ。

▲中身を箱から出したところです。

セットアップ

▲電球は通常のものに比べて、ずっしりと重いです。

▲既存のスタンドに取り付けたところ、問題なく点灯しました。

▲HueブリッジをwifiルーターにLanケーブルで接続します。

このあと、Philips HueアプリをiPhoneにインストールします。

Philips Hue

無料
(2018.03.15時点)
posted with ポチレバ

アプリの指示に従って、接続を進めていきます。

▲接続が完了すると、アプリから、オンオフ、光量の調整ができるようになります。

おもしろいのは、シーンごとのコントラストが選べるところです。

▲集中するというシーンを選ぶと…

▲白色が強く、光量の多い雰囲気になりました。

▲くつろぐを選ぶと、落ち着いた雰囲気になりました。

これはおもしろいです!

アレクサで呼びかけても、オンオフとシーンの選択ができます。

まとめ

Philips Hue(ヒュー)は、アプリから、オンオフと光量の調節だけでなく、シーンを選択することができて、様々な雰囲気が楽しめます。

これから、夜のくつろぎと目覚めに活用して、どれくらい睡眠の質が向上するか、試していきます。