松屋 ライスを湯豆腐に変更で 糖質制限がもっとも実践しやすいファーストフード店になった

松屋が糖質制限実施者にとって、とても使いやすくなっています。

その理由が、定食の「ライスを湯豆腐に変更」できるメニューの登場です。


今まで松屋の定食で糖質制限を実施しようとすると、ライス小で定食を頼んで、店員さんに「ライスなしで…」と言う必要がありました。

松屋では券売機で食券を買うシステムなので現金のやり取りは無いのですが、ライスなしにすることで、店員さんがわざわざ小銭を返金するというやり取りが生じていました。

そのやり取りが忙しそうな店員さんに申し訳なくて、ちょっとおっくうでした。

「ライスを湯豆腐に」変更できるメニューができたお陰で、堂々と定食を頼むことができるようになりました。

▲焼き肉定食、味噌汁を豚汁に変更し、ライスを湯豆腐に変更、(総額880円)

湯豆腐は、塩ダレの味がしっかりとついていて、大根おろしも入っていて食べ応えがあり、豆腐好きの僕としてはかなり気に入っています。

2017年3月にスタートした当初は一部の店舗のみの対応だったようですが、1年経った2018年3月現在では、ほとんどの店舗で頼めるようになっています。

松屋は、都心部ではほとんどの駅周辺にあり、大変便利です。

外出中にささっと食事を済ませるときは、以前はコンビニのイートインを利用するしかありませんでしたが、松屋が糖質制限対応メニューを作ってくれたことで、外出中の食事の選択肢が増えました。