手が痛くならない デッドリフトの方法 ウェイトトレーニング

2018年1月より、スクワット、デッドリフト、ベンチプレスの3種のウェイトトレーニングを開始しています。

重量が重くなるにつれ、うまくできない場面が増えてきました。

デッドリフトで、指が痛くて、バーを持ち続けられなくなり、10回1セットのところを、8〜9回しか続けられません。

先日、ルネサンスのパーソナルトレーナーより、正しいやり方を教わって、あっけなく楽にできるようになりました。

では紹介します。

今までのデッドリフトの握り方

▲このように、親指をバーに巻き付けて、しっかりと握っていました。

これによって前腕に力が入っていました。

回数が10回に近づいてくると、バーが掌からずれて、4本指だけで支える形になって、指が疲れて10回前にギブアップしていました。

教わった握り方

▲親指をバーに巻かずに、4本指と同じ方向に逃がして、親指の力を抜きます。

▲右と左で向きを換えることで、バーが手の中からはずれないようにします。

左手も同様に親指を逃がします。

このやり方で、パーが掌がら動かず、前腕に力が入ることなく、体の背面全体に負荷をかけられるようになりました。

今までと同じ重量が、わりと楽に10回×3セットできるようになりました。

まとめ

ウェイトトレーニングは、やり方一つで、まったく負荷のかかり方が違います。

やはり、きちんとパーソナルトレーナーに定期的に見てもらうことは、効果的だと実感しました。

ウェイトトレーニングは、効果が実感できるので、楽しいです。

これからの筋肉量の変化が楽しみです。