10倍速く書ける 超スピード文章術 上阪 徹(著) 【レビュー】

10倍速く書ける 超スピード文章術 上阪 徹(著) を読みました。

1冊10万字の本を4〜5日で書き上げて、毎月1冊、年間12冊の本を書いているブックライターがいると聞いて、信じられるでしょうか。

それが本書の著者、上坂 徹(うえさか とおる)氏です。


上阪氏は、速く書くためのたった一つの秘訣は、書く前に「素材」を集めることと述べています。

僕は、自分のブログ記事を書くのに、1記事あたり簡単なものでは15分、書評では2時間くらい、平均すると1時間くらいかかっています。これを何とか速くしたいと思っています。

僕は立花岳志氏のブログに感化されて、自分でもブログを始めました。立花氏のブログ講座にも参加して、更新頻度が大事であることを知りました。

立花氏のように、月に100記事更新を目標にしています。

そのためには、月25日稼働としても1日4記事必要で、これを達成するためには2000字くらいの記事を30分で書く必要があります。

本書から学んだ、短時間で書くための「素材」の集め方と、料理の仕方について、まとめます。

10倍速く書ける 超スピード文章術 「素材」とは

上阪氏の言う「素材」とは、以下の3つのことを言います。

  1. 独自の事実
  2. エピソード
  3. 数字

これを見てわかるように、「素材」とは、事実であって、形容詞ではありません。表現する必要がないというのがポイントです。

この「素材」さえ準備できたら、本のような長文であろうと、書き上げることができると上阪氏は断言します。

文章で大事なのは、「どう書くか」ではなく、「何を書くか」なのです。

上阪氏は、「うまい文書」の呪縛から解かれることで、文章を量産できるようになったと、自らの経験を述べています。

「素材」の集め方

「素材」は漠然と集めてはいけません。「素材」を集めるための2つの重要なルールがあります。

  1. 「何のために書くのか?」を明確にする
  2. 「誰が読むのか」を明確にする

言い換えると、目的と読者をはっきりさせるということです。

目的がなければ、書くこと自体が目的になり、「書き方」や「表現」にこだわることで、時間がかかります。

「読者」のことをマーケティング用語では「ペルソナ」と言います。「ペルソナ」の設定は、知り合いの中から具体的な1人を決めるのです。「みんな」に向けた文書は、残念ながら伝わらないと上阪氏は述べています。

上阪氏は、「素材」を移動中に集めるそうです。単純に、ひらめきや、五感で得た情報をメモするのです。また、人との会話の中で出てくることもあります。

書き手の日常の雑感も「素材」にすることができます。毎日の雑感を書きためていくと、それは素材の宝庫となり、ブログ、SNSの格好の「ネタ」になります。

「素材」をどうやって文章にするか

「素材」さえ集まれば、文章執筆は怖くない、と上阪氏は強調します。

上阪氏は、スマホに書きためた「素材」を、同期したPC上で並び替えた後、プリントアウトし、それを見ながら執筆します。手書きで「素材」を箇条書きにすることも少なくないそうです。

書く前に「素材」を書き出しておくことが重要です。

この手間を省くと、もう一度素材集めに戻ることが起き、スピードが落ちる原因になります。

「素材」を伝える順番を決めるためには、目の前に読者に向かってしゃべって伝えるとしたら、どういう順番で話すかを考えます。

取り入れたいTo Do

今後ブログ記事を書くにあたって、本書から学んだTo Doをまとめます。

「素材」のこと以外にも、文章の書き方で参考になったことを入れています。

  1. 「素材」を集めるため、ちょっとしたことでも、常にメモを取る
  2. 「素材」を書く順番に並べ替えて、プリントアウト、または手書きで書き出してから、一気に書き上げる
  3. 素材のプリントアウトに、「目的」と「読者」を見えるように記載する
  4. 「素材」をためるため、雑感を記事に書く
  5. 常套句を使わず、読みたくなるような書き出しにする
  6. リズム感を出すために、です・ます調の中に、である・だ調を混ぜる
  7. 冗長表現となるため、順接の接続詞はできるだけ使わない
  8. 論理性を強くするため、逆説の接続詞を多用する。
  9. 難しい言葉はわかりやすく翻訳する

10倍速く書ける 超スピード文章術 まとめ

今回は、ブログ記事を短時間で書くという目的で読みました。

いかに「素材」を集めることが重要かを理解することができました。

これほど多くのTo Doが出た本は久々です。

ブログのような短文と、本のような長文では、「素材」の量が違うだけです。今後、短時間で2000字の記事が書けるようになったら、さらに長文を短時間で書けるよう、毎日訓練していきます。