『イレイザーヘッド』 デヴィッド・リンチ 監督【映画レビュー】

気持ち悪い映像と、工場の騒音が続いた、というのが観終わった後の感想です。

正直、映画を観たという感じがしていません。

精神科医で映画評論家の樺沢紫苑さんから、デビッド・リンチを観るなら、この3本だと教わりました。

  1. マルホランド・ドライブ
  2. インランド・エンパイヤ
  3. イレイザーヘッド

その言葉に従い、ちょうど開催されていた、アップリンク渋谷のデヴィッド・リンチ映画特集で観ました。


まったく理解できていないので、レビューにもならず、自らのための単なる備忘録になっていることをお許しください。

気持ち悪い映像

たびたび出てくるのが、オタマジャクシを大きく、長くしたような、白い生物です。

ほっぺの膨らんだ女性に足で踏みつけられるシーンは気持ち悪かったです。

この生物は、繰り返し出てきます。

そして、未熟で生まれた赤ちゃんの姿がなんとも不思議です。人間の赤ちゃんには見えません。

そして、赤ちゃんの包帯を取ったときに現れた内臓、その内臓にナイフを入れたときの映像は、気持ち悪さが最大のシーンでした。

イレイザーヘッドの首が飛ぶと、なぜかその首が謎の生物のような頭になります。

何を描写した姿なのか、疑問だらけです。

不可解なシーン

付き合っている女性宅で不思議な光景が繰り広げられました。

無理矢理タバコを吸わされるおばあさん、お父さんが焼いた鶏肉料理に、ナイフを入れたら生きているかのような血が滴り出てきたシーン、これは何の意味があったのでしょうか。

突然出てくるほっぺの膨らんだ女性のステージは何なのでしょうか。

隣人の女性との情事もありましたが、明らかに夢と思われる映像でした。

全体としてモノクロ映像だったので、それが何を示しているのかはわかりづらかったです。

まとめ

マルホランド・ドライブのように、ストーリーがあるわけではないので、もう一度観たいという気にはなっていません。

難解というよりも、不思議な映画です。

ネットや、本で、解説を参照していこうと思います。