Ulyssesで文章が消えてしまった! バックアップブラウザから復元可能でほっと安心

僕は、ブログ記事をUlyssesというアプリで主にMacで書いています。

Ulysses

無料
(2018.03.01時点)
posted with ポチレバ

このアプリを使うようになったのは、ごりゅご.comのこの記事を読んだのがきっかけです。

ファイルという概念がなく、メールアプリのように使えるので、書き始める抵抗が少なく、文章の整理がとても楽です。

最近、誤操作で一つの文章をまるごと消してしまって、それを復活することができたので、顛末を書きます。

2時間かけた文章が…

いつものようにUlyssesで文章を書いていたとき、何かのミスタイプをしてしまい、文章が丸ごと消えてしまいました。command+Zでも戻らず、2時間かけて書いた文章だったので、半端ない脱力感に襲われました。

バックアップを参照できることがわかった!

ぐぐっても対処方法は見つけられず、あきらめかけていたとき、ファイルメニューの中に「パックアップをブラウズ」というメニューを見つけました。

▲それを開くと、なんと、少し前の時間の状態が保存されていました。

速攻でその文書を全コピーして、ことなきを得たのでした。

▲このように、約1時間ごとの状態を参照することができます。

この機能のおかげで、間違って消してしまったり、同期がおかしくなってしまったときに、復活することができます。

まとめ

たまたまのトラブルで、Ulyssesにこのような便利な機能があることを知りました。

これからも、このアプリを活用していき、気づいた点が出たら報告します。

Ulysses

無料
(2018.03.01時点)
posted with ポチレバ