チサンホテル宇都宮 宇都宮駅西口すぐ エアウィーヴ マットレスが体験できる快適なビジネスホテル

僕は朝起きたときに、いつも強い腰の痛みを感じます。起きた直後は、靴下を立ったまま履くことができません。

マットレスの選択は自分の中では大きなテーマで、使用しているマットレスは、トゥルースリーパー、西川のAIR、モットンと変遷しています。

卓球の仲間が、エアウィーヴのマットレスを買ってから、朝起きたときの体の調子がかなり上がったと、すごい勢いで言っていたので、興味を持ちました。

エアウィーヴのサイトを見てみると、ホテルで試すことができることがわかりました。


ちょうど2018年2月17日に全関東卓球選手権で宇都宮に宿泊する予定があり、エアウィーヴが設置されているチサンホテル宇都宮に泊まることにしました。


本記事はチサンホテル宇都宮の紹介記事ですが、エアウィーヴの寝心地についても触れます。

ホテル概要

▲14階立ての大きなホテルです。宇都宮西口のほぼ正面にあり、一番目立つ場所にあります。

▲朝食は1階ロビーにてビュッフェスタイルで提供されます。

朝食なしで予約した場合、1300円で追加することができます。

フロントでの受付を済ませてると、自動支払機での精算、レシートの発行になります。

部屋

▲キーは鍵タイプで、部屋の入り口に差し込むと部屋の電源が入ります。

▲デラックスセミダブル 14平米という部屋です。

楽天トラベルの予約詳細では、「エアウィーヴ社のマットレスパッドをご用意。ベッド幅123cm/wifi完備/加湿空気清浄機完備/ズボンプレッサー完備」と詳細説明に書かれていました。料金は素泊まりで8610 円(消費税込)でした。

▲ベッドの上にはエアウィーヴのマットであることが書かれているついたてが置いてあります。

▲ゆったりとしたダブルサイズのベッドです。

▲バスルームは清潔感があります。

▲浴槽は十分な広さと深さがあります。

▲シャワーヘッドが大きくてしっかりしていて、水流も充分でした。

▲入り口脇にクローゼットがあります。

エアウィーヴの寝心地は

寝た感じは固めです。寝返りが打ちやすい堅さです。僕は固い方が好みなので心地よく眠ることができました。

23時頃に横になった瞬間に眠りに落ち、朝7時まで熟睡しました。

毎朝感じる左腰の痛みはありませんでした。

一晩だけの体験でしたが、なかなかよさそうだと感じました。

一緒に同じタイプの部屋に泊まった卓球の知人も腰痛持ちで、ベッドによっては腰が痛くなることがあるそうですが、今回はまったく問題ないと言っていました。

まとめ

チサンホテル宇都宮は宇都宮西口のほぼ正面に位置していて、宇都宮に宿泊するにはとても便利なホテルです。周辺には宇都宮餃子の専門店がたくさんあり、食事には困ることはありません。

エアウィーヴのマットレスが設置されているフロアがあるため、エアウィーヴのマットレスの購入を検討している人には体験ができておすすめです。