Kindle Paperwhite ペーパーホワイト 32GB マンガモデル 購入 開封の儀

Kindle専用のデバイスとして、FireHDを使用していましたが、夜寝る前の読書で目が冴えてしまうことが気になっていました。

そこでフロントライトが目に優しいKINDLE Paperwhiteに買い換えることにしました。

Paperwhiteには通常モデルとマンガモデルの2種類があり、違いは容量のみです。通常モデルは4Gとマンガモデルは32Gです。

Amazon商品ページのレビューを読んでいると、マンガモデルの方が動作が速そうな印象を持ちました。そして金額は大きくは変わらないので、僕はマンガをKINDLEで読むことは年に数冊しかありませんが、大は小を兼ねるで、マンガモデルを購入しました。

開封の儀

▲外箱です。

▲左側が内箱です。

▲内箱は縦に開きます。

▲箱の中にはマニュアルとUSBケーブルが付属されていました。

▲とても美しいディスプレイです。

▲言語を選択するとバーが出てきました。

個人認証はWifiのパスワードを入力するだけでとても簡単でした。

さわってみた感触は

まず持った感触は「軽い」です。

Fireが310gに対してPaperwhiteは205gです。Fireに比べて30%も軽いです。

▲大きさもFireより小さいです。

横幅はほぼ同じで、11.5cm。縦が16.5cmでFireより2cm小さいです。

そして、裏面のさわり心地がなめらかでとてもいいです。

なめらかなゴムのような感じです。

ディスプレイの見えかたは

画面が紙のようです。

光が当たってもまったく反射しません。

ページ送りのときに、残像が残るのが最初は気になりましたが、すぐに慣れました。

白黒画面ですがまさに紙の本のようで、とても読みやすいです。

これなら夜寝る前に読んでも目が冴えることはありません。

さっそく今日、布団に入って読書をしました。軽いので寝転んで読んでも楽です。

まとめ

夜の読書が睡眠の妨げになるのを防ぐために、Kindle Paperwhiteを購入しました。

紙の本のようなディスプレイで、軽くて持ちやすく、読書が一段と楽しくなりました。