Apple Watch ランニング ジョギング コンビニで買い物できて便利すぎる

Apple Watchは、iPhoneを持っていなくても、Suicaや、ID、QUICPayの電子マネーが使えます。

僕は毎朝ジョギングをしています。

iPhoneは持たず、Apple Watchだけ腕につけてジョギングをしています。使っているアプリは標準でついているワークアウトです。

何よりも便利なのが途中コンビニに寄って買い物ができてしまうところです。

では紹介します。

Apple Watchでのランニング ジョギングで途中買い物をする

▲ランニングの最中にコンビニの前まで来ました。

▲画面を右にスライドすると一時停止のボタンが出てきますそれをタップしてコンビニに入ります。

▲レジの前でApple Watchのサイドボタンをダブルクリックすると、事前に設定している電子マネー、(僕の場合はID)の画面が現れます。

それをかざして支払い完了です。

▲支払い完了すると、自動的にまたランニングメニューに戻ります。

▲画面を右にスライドし、再開ボタンをタップします。

スムーズに買い物からジョギングを再開できます。

まとめ

Apple Watchをつけてのジョギングでは、iPhoneを持たなくても途中でコンビニに寄って買い物ができるのが超便利です。

途中で雨が降ったり、体調が悪くなってもSuicaと電子マネーが入っているので、いざとなったらバスやタクシーにも乗れるという安心感があります。

iPhoneをポケットに入れて走ると、iPhoneが動いて走りづらく、それを避けるためにはホルダーをつける手間が増えます。

iPhone持たずにApple Watchだけで走れるのはとても便利です。