USB Type C HDMI VGA出力 USB 3.0 Type C充電 SDカードリーダーもついて MacBookでのプレゼン、出張用に便利

プロジェクターに投影してプレゼンをする際、MacBookではUSB Cしかありませんので、VGAか、HDMIへの変換ケーブルが必要になります。

しかしApple純正のものは、VGA用、HDMI用と別々に販売されていて、それぞれ¥7,400と高価です。



プロジェクターはまだまだVGAしかつながらないものも多く、VGAとHDMIを両方準備していないと不安です。

そこでVGA、HDMIの両方が使えるアダプタを見つけましたので紹介します。

RayCueの多機能ハブ

購入したのはこちらです。

▲外箱です。

▲しっかりと包装されています。

▲左から順に、HDMI、VGA、ヘッドフォン、USB-Cの端子があります。

▲もう一方の側です。

左から順に、USB3.0、CFカード、TFカード、SDカードの端子です。

▲MacBookとつなぐと青のLEDが点灯します。

USB-Cは浅いので、たまに外れますが、つながっているか外れているかが一目瞭然です。

デジカメで使用しているSDカードは問題なく認識しました。

VGAケーブル、HDMIケーブルも問題なくつながり、プロジェクターでのプレゼンができました。

充電用のUSB-C端子があるので、長時間のZOOM会議での使用も可能です。

▲愛用しているガジェットポーチにキレイに収まります。130gと軽量なのでバッグが重くなることはありません。

まとめ

RayCueの多機能USB-C用ハブは、VGA、HDMIの両端子に対応して、プレゼンしながらのUSB-Cからの充電もでき大変便利です。

SDカードも読めて、これ1個あれば、出張先、旅行先でのプレゼンや、デジカメ写真の取り込みが可能になります。

Apple純正品に比べて安く(¥4.980)、軽量なので持ち運びもしやすく、大変おすすめです。