スマホを年に3回くらい落としていた僕がまったく落とさなくなった方法

僕はiPhoneを3年以上使っていますが、年に3回は落としていました。

iPhoneをいつもズボンのポケットに入れています。電車や、バスなどで、座っているときにずれ落ちて、気づかずに下車してしまうというのが多いパターンです。

そんな僕がiPhoneを落とさなくなった方法を紹介します。

この商品を使ってからは、1年近く落とすことがない状態が続いています。おそらく今後も落とすことはないでしょう。

単にストラップを利用するだけという原始的方法ですが、確実な方法ですので、紹介します。

iPhoneを落としてはならない理由

iPhoneは一日中触っているので、なくなったらすぐに気づきます。

すぐにiPhoneを探すアプリで場所が特定できるので、幸いに、今まですべて翌日に手元に取り戻すことができています。

しかし、電車やバスで落とした場合は、車庫近くの駅まで取りに行かなくてはならないので、時間を浪費してしまいます。

最近、iPhoneにビットコインのウォレットや、金融機関の2段階認証のアプリを入れるようになってからは、なくすと大変なことになると強く感じるようになりました。

2つの落下防止対策

そこで落下と紛失防止対策でたどりついたのが、iPhoneから一定距離が離れるとApple Watchに通知してくれるアプリを使用する方法と、iPhoneのストラップを使って物理的に落下を防ぐ方法です。

▲ストラップを通す穴がついているiPhoneケースも必要になります。

Apple Watchに通知してくれるアプリは、結局使わなくなってしまいました。お店の場合であればいいのですが、電車やバスの場合は、おそらくドアが閉まってから通知を受けることになり、それでは遅いからです。

ストラップについては、首にかけるタイプ、ズボンに引っかけるタイプがありますが、ズボンの方にしました。それは、首だとストラップが邪魔になると思ったからです。

ズボンにかけるタイプをAmazonで探して、その商品の使い勝手がよく、1年以上使用し続けています。

結局この商品のお陰で落下が防げているのです。

今までに防げた状況

飲み会のあと、地下鉄に乗って少し居眠りをして、目的の駅に着いて慌てて立ち上がるとき、ズボンにつながったストラップが伸びて、iPhoneが座席に残っている場面を何度も経験しました。

タクシーから降りるとき、ドアを閉めた後で、ストラップが伸びていることに気がつき、慌てて運転手を止めて、助かったことが一度ありました。

とにかく、ズボンにiPhoneを入れている以上、ずり落ちることを防ぐことは不可能です。このストラップはベルトがない、ジャージのようなズボンであっても、ポケットの脇に簡単に引っかけることができて、なおかつ引っ張ってもとれないほど頑丈に引っかかります。

冬はジャンパーなどの上着にiPhoneを入れることも多いですが、ジャンパーのポケットにストラップを引っかけることができます。

簡単に引っかけられて、なおかつグリップ力が強いというのがポイントです。

まとめ

iPhone落下防止対策として、カラビナフック付きのストラップの効果は最強です。これを利用してからは、iPhoneを落下することはたびたびあっても、ストラップのお陰で落下に気づくことができ、iPhoneを紛失することはなくなりました。

iPhoneは、金融機関や仮想通貨の2段階認証アプリなどを入れており、紛失すると非常に不便になるため、手元から離れることのない方法が求められます。