プカラ Pucara クスコ ペルー 日本人が作る本格ペルー料理のお店

2017年11月7日、クスコに宿泊した夜にプカラに行きました。

クスコ周辺の遺跡巡りツアーが終了したあと、アルマス広場でバスを降りて、周辺のお店を適当に探していて、外から見た雰囲気が良さそうで、呼び込みをいなかったので入店しました。

日本人の味覚に合う味でとても落ち着き、翌々日も訪れたほど気に入りました。

店内

▲入店してからるるぶに掲載されているお店だと知りました。

▲照明が暖色系で少し落ち着いた雰囲気です。テーブル席がたくさんあり大人数も入れます。

日本人客も入っていました。

食べたもの

▲クスケニアンというビールはリマでもメジャーに売られています。日本にビールに似ていて、薄くなく、味がしっかりしています。

▲ソパ・デ・アホ。15ソーレス 500円くらい。

るるぶに載っているメニューをそのまま注文しました。

これはガーリックスープです。ソパというのはスープのことで、ペルー料理はスープが充実しています。このお店でも9種類ものスープがあります。

具は卵や麩のように柔らかいパンなどが入っていて、滋味あふれる、くせになる味でした。

▲アヒ・デ・ガジーナ。26ソーレス 900円くらい。

鶏肉をクリームソースでチリと一緒に煮込んだもの。ご飯にかかっていて、黄色いのでカレーのように見えますが、カレー味ではなく、まろやかな味でした。

まとめ

クスコのアルマス広場すぐ近くにあるプカラは、日本人シェフがいるペルー料理のお店です。日本語メニューもあります。ペルー本格料理ですが、日本人に合う味です。

今回食べた2種の料理がとてもおいしく、翌々日に訪れてまったく同じ料理を注文してしまうほどでした。

お店情報

広告