ブランパン ローソン 新発売のチーズ味を食べてみた

ローソンのブランパンは糖質量が2.2gと少なく、糖質制限の強い味方です。

僕は朝食によくこれを食べています。

今回リニューアルして牛乳入りとなり、味がまろやかになってさらに食べやすくなりました。

また「ブランパン〜チーズ〜」が新発売となりました。


さっそく食べてみました。

外観

▲外袋に表示されている糖質量は2.0gと、現行販売されているブランパンの2.2gより低くなっています。

▲表面にチーズの粉がまぶされていて、チーズの香りがします。

▲生地の見た目は現行のブランパンとほぼ同じです。

食べてみて

表面のチーズの味がしっかり効いています。

ローソンのホームページには生地にもチーズか練り込まれていると書いてありましたが、表面のチーズの味に比べて、それはわかりませんでした。

血糖値の変化

食後の血糖値の変化を測定してみました。

▲食前の血糖値です。

▲同じくローソンのシーザーサラダ(糖質 4.6g)も一緒に食べました。

ブランパン〜チーズ〜を2個と合わせて、表示されている糖質量は9.6gになります。

健常人では1gの糖質摂取で血糖値は0.6mg/dl程度上昇します。

理論的には9.6×0.6=5.8mg/dl程度の上昇のはずです。

▲食後1時間の値です。

血糖値の上昇は11mg/dlとわずかです。簡易血糖測定器にはばらつきがありますので、ほぼ理論通りの値です。

まとめ

ローソンから新しく発売されたブランパン〜チーズ〜は、現行のブランパンと同じくまろやかの生地と表面にまぶされたチーズの味がよく合い、食べやすいブランパンです。

現行のブランパンより、2個あたり25円高くなりますが、毎日食べる現行のブランパンに対して、味の変化を楽しめる一品になります。

広告