小さな失敗は「記録しておくだけ」で繰り返しを防ぐことができる

c4fcef3aa8ee1dcac6c789c9d96f17b7 640x537 - 小さな失敗は「記録しておくだけ」で繰り返しを防ぐことができる

同じ失敗を繰り返すことは、時間と労力を無駄にします。

小さなことであっても、積み重なると、結構大きいです。

最近これを減らすことができる方法を見つけて、うまくいっているのでまとめておきます。

それは、うまくいかなかったことを、「ただ記録するだけ」という、とても簡単な方法です。

ちょっとしたミスはすぐに忘れてしまう

ミスや、不具合を何度も繰り返してしまうのはなぜでしょうか。

それは、そのことを忘れてしまっているからです。

強い痛みや、感情をともなった失敗は、強く記憶に刻まれるます。

だから、同じ状況になりそうになったら、それを防ぐ行動を取ることができます。

しかし、小さな失敗や不具合は、いとも簡単に忘れてしまいます。

そして何度も同じ失敗を繰り返してしまいます。

記録してそれを見返す

小さな失敗や、不具合を、記録しておくのはなぜか。

後で見返すと、わりと簡単に防止策が見つかるのです。

その場では思いつかなくても、時間がたつと冷静に振り返ることができるからです。

それが、「ただ記録するだけ」の意味です。

その場では、反省したり、防止策を考えたりする必要はないのです。

むしろ、その場で考えた防止策は、記憶にすら残りません。

どのタイミングで記録を見返すか

ぼくの場合、翌朝に見返します。

翌朝に見ると、「そんなことがあったのか」、と新鮮な気持ちで振り返ることができます。

そして容易に、防止策を 見つけ出すことができます。

記録するツールは

行動や感情を記録するツールとして、「たすくま」と「Evernote」を使っています。

「たすくま」の方が、何をやっているときに、その失敗をしたかがわかるので、ありありと記憶を蘇らせることができます。

「たすくま」の記録はEvernoteに送っているので、翌朝見返すのは、「Evernote」だけです。

記録する場所はできるだけ一元化することで、記録とレビューを習慣化させやすくなります。

まとめ

「ただ記録するだけ」の効果は、小さな失敗を振り返って、二度と起こさないためにとても役立ちます。

そのためには、記録をして、それを見返す習慣を作っておくことが重要です。

512x512bb - 小さな失敗は「記録しておくだけ」で繰り返しを防ぐことができる
Taskuma –TaskChute for iPhone
開発元:Sayaka Tomi
¥3,680
posted withアプリーチ