焼豚満開横丁そば 小西湖 (ショウセイコ)生ハム風の焼き豚と牛骨スープがうまい

2020年2月21日、伊勢の おかげ横丁 横丁そば 小西湖 で、焼豚満開横丁そばを食べました。

生ハム風の焼き豚は、見た目以上にあっさりして食べやすく、柔らかい麺と、牛骨スープが絶妙にからみあい、何度でも食べたくなる味でした。

横丁そば 小西湖 アクセス

神宮会館

伊勢神宮循環バスの、神宮会館前 バス停で下車します。

バス停近くの信号の脇から、おかげ横丁に入ることができます。

おかげ横丁地図

赤丸をしたお店です。

横丁そば 小西湖 店内

横丁そば 小西湖 店内

ドアがなく、開放的なお店です。

金曜の13:30頃でしたが、すいていて並ばずに入れました。

ちょうど新型コロナウィルス騒ぎで、外国人観光客が少ないことが影響していると思いました。

横丁そば 小西湖 店内

壁には、松坂牛骨と、特性焼き豚をアピールするポスターが貼られています。

食べたもの

焼豚満開横丁そば

焼豚満開横丁そば 850円(内税)。

焼き豚が満開の花のように、器を覆っています。

実際に食べてみると、とても薄く、焼き豚というよりは、完全に生ハムです。

スープは、牛骨のだしが効いていて、生ハムの味とハーモニーを生み出しています。

麺は黄色く、柔らかいです。

見た目は、焼き豚の量に圧倒されますが、実際は生ハムで、スープと麺は器の半分くらいの量で、量は多くはありません。

生ハム風焼き豚は、柔らかく、あっさりしていて、何枚でも食べられる感じです。

まとめ

横丁そば小西湖の焼豚満開横丁そばを食べました。

生ハム風の焼き豚は、柔らかくてあっさりしていて、松阪牛骨スープと絶妙に合って、すべて飲み干してしまうほどのおいしさでした。

しつこくなく何度でも食べたくなる味です。

お店情報

関連ランキング:中華料理 | 五十鈴川駅