Macのスクリーンショットを写真アプリに保存する方法

Automatorを使って、Macのスクリーンショットを写真アプリに自動で保存する設定をしました。

Macのスクリーンショットは、アプリやWeb紹介のブログでよく使います。

写真の中に保存されていると、他の写真と同様に取り出せて便利です。

写真アプリに入れてあれば、他のMac、iOSデバイスでも使えるのでなお便利です。

設定の仕方をまとめます。

スクリーンショットの保存先を決める

Shift Command 5 で、スクリーンショットアプリを立ち上げます。

オプションから、スクリーンショットの保存先を選択します。

ちなみにぼくは、写真アプリ以外でも共有することができるように 、Dropboxのフォルダを指定しました。

Automatorの設定

Automatorはアプリケーションフォルダの中に入っています。

Automatorを立ち上げて、ファイル→新規作成 で、下記の画面が出るので、フォルダアクションを選択します。

f05a35459932b1271a52028aa2e53a48 640x462 - Macのスクリーンショットを写真アプリに保存する方法

フォルダ選択画面が右に表示されます。

スクリーンショットの保存先に指定したフォルダを選びます。

a133840113adcb0d2a1ca07907c463a1 640x454 - Macのスクリーンショットを写真アプリに保存する方法

左側のライブラリから写真アプリを選択し「ファイルを”写真”に読み込む」を選択します。

そしてそのアイコンを右側のウィンドウにドラッグします。

5aced1895976c4ad2501e06e9c1e4afc 640x467 - Macのスクリーンショットを写真アプリに保存する方法

この状態でファイル → 保存 をすると、ファイル名称設定の画面になります。

適当な名前をつけて保存します。

これで、スクリーンショットをすると自動的に写真アプリに保存されるようになります。

まとめ

Macのスクリーンショットを写真アプリに保存することで、ブログが書きやすくなります。

ブログに使用する画像がすべて、写真アプリに統合されるからです。

またiOSの写真アプリにも同期されるので、iOSからブログを書くときにも役立ちます。