ミャンマー ヤンゴン旅行 2019年9月 シュエダゴン・バゴダ 巨大な仏塔に圧倒された ヤンゴン1日目

2019年9月15日、ヤンゴン到着初日のバーベキューの後は、ミャンマー卓球協会へ練習に行くついでに、シュエダゴン・パゴダを観光しました。

巨大な黄金の仏塔に目を奪われました。

シェダゴン・パゴダ

シェダゴン・パゴダ

人民公園側の西門から入ります。

シェダゴン・パゴダ 西門

シェダゴン・パゴダは丘の上にあり、西門はエスカレーターがあります。

シェダゴン・パゴダ チケット

チケットを購入しました。

入場料は10,000MMK(約700円)です。

ここで靴を入れるビニール袋をもらいました。

境内の中は裸足で歩きます。

シェダゴン・パゴダ

丘の上に着きました。

丘の高さは58mあるそうです。

裸足で歩きますが、地面はそれほど熱くありません。

たくさんの人々が座ってお参りをしています。

これがシェダゴン・パゴダです。

パゴダとは仏塔の意味で、このパゴダは高さ100mある巨大なものです。

参拝の順路は時計周りと言われています。

金色がまぶしいです。

シェダゴン・パゴダ

涅槃像もありました。

1周まわる中にたくさんの仏像、仏堂、見どころがありました。

シェダゴン・パゴダ 南門

帰りは同じ西門から降りる予定でしたが、間違えて南門から降りました。

参道の両側にはお土産の屋台が並んでいます。

まとめ

シェダゴン・パゴダの高さ100mもある黄金の巨大仏塔には目を奪われました。

ヤンゴンの中心部にあって訪問しやすい観光スポットです。

たくさんの人々が熱心に参拝していて、ミャンマーが仏教国であることを実感できました。

ヤンゴン旅行の初日に行けたのはよかったです。