ストロングゼロのあとにのんある気分を飲む飲み方がいい

先日ノンアルコールチューハイの効用について書きました。

最近の飲み方は、ストロングゼロを飲んで、次にのんある気分を飲むとい飲み方です。

まずはストロングゼロを飲んで酔う

DraggedImage 52 1024x768 - ストロングゼロのあとにのんある気分を飲む飲み方がいい

ストロングゼロは糖類ゼロなので糖質制限をしていても飲める、飲みやすいチューハイです。

さまざまな味が発売されており、最近は夏限定の青梅が気に入っています。

アルコール度数9%なのでゆっくり飲んでも、早めに酔いが回ってきます。

注意しなければならないのは一気に飲まないということです。

もし喉が乾いているときは、ノンアルコールのドリンクで喉の乾きを癒やしておいてから飲むべきです。

2本目はのんある気分を飲む

DraggedImage 1 39 1024x768 - ストロングゼロのあとにのんある気分を飲む飲み方がいい

ストロングゼロを1本飲むとほろ酔いでいい気分になっていて、もう1缶飲みたくなっています。

ここでのんある気分の缶を開けます。

ぼくはグレープ味が気に入っています。

これは糖類オフなので安心して飲めます。

ノンアルコールでありながら、チューハイの特有の辛味、香りがあり、チューハイを飲んでいる気分が続きます。

ノンアルコールですが、先に飲んだストロングゼロのアルコールが十分残っているので、ほろ酔いを持続できます。

これで飲み過ぎを防ぎ、次の日にまったく持ち越さない飲み方ができます。

まとめ

アルコールのあとに、ノンアルコールを飲むことで、飲み過ぎを防ぐことができます。

これは家でだけでなく、外でもやってみると、飲み過ぎ、二日酔いを防ぐことができると思いました。