最強のバターコーヒー 池袋店 糖質量10g未満 糖質制限神レベル店

2019年6月9日、最強のバターコーヒー 池袋店に行って、低糖質のフードを食べて、最強のバターコーヒーを飲んできました。

すべてのフードメニューの糖質量が10g以内という、糖質制限実写には奇跡的にありがたいお店です。

最強のバターコーヒーは、思ったよりまろやかな味で、とても気に入りました。

外観

▲池袋駅東口から徒歩5分程度でわかりやすい場所にあります。

▲テラステーブルが一つあります。

▲メニュー看板があり、ドリンク、フード、スイーツメニューがあることがわかります。

店内

▲まずカウンターで注文をします。

▲カウンターの向かいが壁際のスタンディング席です。

奥にはテーブルが2つ、壁際のカウンター席が3つあります。

座席数はそれほど多くありません。

スタンディング席があるのはありがたいです。

▲スタンディング席にも、カウンター席にもACアダプタがあります。

食べたもの

▲おからドライカレー プロテインブレッド付き 1280円。

糖質量は5.0gです。

プロテインブレッドは食感が少しパサパサしていましたが、ドライカレーとの組み合わせがいいです。

食後感がとてもいいです。

飲んだもの

▲最強のバターコーヒー 650円。

最強のバターコーヒーとはコーヒーにグラスフェッドバターとMCTオイルが入っているものです。

バターの風味は感じますが、MCTオイルの味がほとんどせずに、クリーミーなコーヒーという感じです。

とても飲みやすいです。

そして腹持ちがよく、午後お腹がすくことはありませんでした。

▲最強のバターコーヒーを説明しているパネルです。

グラスフェッドバターとは牧草飼育の牛から採ったという意味です。

グレインフェッド(穀物飼育)に比べて良質で栄養価が高いバターであると解説してあります。

MCTオイルとは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides) で、ココナッツオイルの主成分です。

消化吸収が速く、短時間でエネルギーを得られて、蓄積しにくいという特徴があります。

ケトン体を生成しやすいので、糖質制限のエネルギー源として注目されています。

会計

▲コーヒーはフードとのセット割引となっていました。

PayPayが使えました。

ランチとしては少し高いですが満足度がかなり高いですけ。

まとめ

最強のバターコーヒー 池袋店は糖質量10g未満かつグルテンフリーのフードを食べることができる、貴重なスーパー糖質制限対応店です。

最強のバターコーヒーは、バターの風味がコーヒーとバランスしてクリーミーで飲みやすく、MCTオイルの効果で腹持ちがよく、くせになる味です。

お店情報

関連ランキング:カフェ | 池袋駅東池袋駅東池袋四丁目駅