ラズベリーパイのセットアップ ラズビアンのインストールまでやってみた

ラズベリーパイ(Raspberry Pi)でビットコインのフルノードを立てることができることを知り、自分でも構築してみたいと思うようになりました。

フルノードとはP2Pネットワークを構成するPCのことで、ビットコインの過去のすべての取引データを持ちます。

ぼくのフルノードに対する知識はそれくらいしかないのですが、中央集権によらない経済圏を構成する一員になるということに、あこがれみたいなものを感じました。

さっそくラズベリーパイを購入することにしました。

Linux系のラズベリーパイ専用OSである「ラズビアン(Raspbian)」をインストールして、設定を行うまでをまとめます。

ラズベリーパイ開封の儀

▲Amazonで購入しました。

商品名: Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 3ple Decker対応 (Clear)-Physical Computing Lab 5,980円。

▲横幅10cmです。

▲縦5cmです。

ラズベリーパイ本体だけ買ったのですが、足りないものが2つ、あとで発覚しました。

USBマウスとマイクロSDカードです。

USBだと思っていたマウスはブルートゥースマウスでした。

SDカードは通常のSDカードで使えると買ってに思い込んでいました。ラズベリーパイの実物を見て初めてわかりました。

両方ともAmazonで追加発注しました。

両方とも1000円を切る値段で、躊躇なく買うことができました。

シリコンパワー microSD カード16GB class10 UHS-1対応 最大読込85MB/s アダプタ付 永久保証 SP016GBSTHBU1V20BS【Amazon.co.jp限定】 790円。

Amazonベーシック マウス USB MSU0939 603円。

SDカードの初期化

SDメモリーカードフォーマッター を使用しました。

フォーマットは一瞬で終わります。

SDカードにNOOBSをインストール

NOOBSをダウンロード

NOOBSはラズビアンを一発でインストールできる起動ディスクです。

下記のサイトからダウンロードできます。

Download NOOBS for Raspberry Pi

▲こちらのリンクからダウンロードします。

ZIPファイルとはいえ、サイズが大きいのでダウンロードに結構時間がかかります。

NOOBSをSDカードにコピー

ダウンロードできたらZIPを解凍します。

作成されたNOOBSフォルダの中身のファイルをすべて選択してSDカードにコピーします。

ラズビアンのインストール

ラズベリーパイにSDカードと周辺機器を接続

▲ラズベリーパイにNOOBSをコピーしたマイクロSDカードを刺し、キーボード、マウス、モニター(HDMIケーブル)、LANケーブルを接続します。

最後に電源接続します。(マイクロUSB)

LEDが点灯します。

NOOBSでラズビアンをインストール

ラズベリーパイの電源を入れるとNOOBSのメニューが立ち上がります。

▲一番上のRaspbian Fullを選択して、Installボタンをクリックしました。

▲15分でインストールは完了しました。

▲そのあとリブートになりました。

▲アップデートが行われ20分後くらいにラズビアンの画面が立ち上がりました。

GUIなので直感的に動かすことができます。

これでラズベリーパイの基本OSである、ラズビアンのインストールが完了しました。

まとめ

OSのインストールまでの操作は非常に簡単でした。

実際にOSをインストールしてみて、10cm×5cmの小さなボードがPCとして動くというのはすごいことだと感じました。

このことがIoTを実現可能にしているのだと実感することができました。

これからこのラズベリーパイにビットコインのフルノードを入れて動かすことを想像してワクワクしてきました。