レンジでらくちんゆでたまご うす皮が剥がれやすいゆでたまごがつくれて便利!

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまご2ケ用 RE-277 を2013年11月末に購入して、5年近く使い続けています。

途中、ヘルシオの蒸し機能を使ってゆで卵作りにチャレンジしましたが、薄皮がはがれにくて、結局この製品を使用し続けています。

これは2個ずつしか作れませんが、手軽に殻がむきやすいゆで卵が作れて重宝しています。

レンジ時間を調整すれば、半熟卵も作れます。

使い方

▲容器の内側の線まで水を入れます。

▲金属の蓋をかぶせて、その上に卵を乗せます。

▲蓋をセットして、両側のロックをかけて、電子レンジに入れます。

▲ヘルシオAX-SA1を使っていますが、500Wで9分にしています。

10分でもいいですが、ぼくにとっては黄身が硬すぎます。

8分にすると半熟卵になります。

加熱が終了したら、水につけて、冷めてから食べています。

たまに電子レンジから出すのを忘れて、自然冷却になりますが、その場合でも問題ないゆで卵が作れます。

まとめ

曙産業 レンジでらくチン ゆでたまごを使って、ゆで卵を作っています。

手軽に自分好みのゆで加減のゆで卵を作れます。

からがきれいにむけるゆで卵が作れます。

ぼくは糖質制限をしているので、間食にゆで卵をよく食べるため、重宝しています。

4個用の製品もあるので、そちらも試してみようと思っています。