11月4日開催 「それを知ると見えてくる、これから先の人生の歩き方」

なぜ92%の人が目標達成できないのか

米スクラントン大学の調査によると、2015年に年初に立てた目標を1年以内に達成した人は全体のわずか8%しかいなかったという結果が報告されています。

36%の人が最初の1ヶ月でギブアップし、 中には最初の1週間で諦めてしまう人も少なくなかったようです。

そして1年後には92%の人が目標を達成できずに終わってしまうというのです。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか。

目標を達成するためには、行動し続けることが必要です。

行動し続けるためには、自分にとって価値のある、適切な目標を持つことが重要です。

本セミナーでは原田メソッドのエッセンスをお伝えし、ご自身にとって適切な目標設定の方法をお伝えします。

原田メソッドとは

原田メソッドの開発者である原田隆史先生は、中学校の保健体育の教師でした。

3校目で赴任した、それまでまったく実績のなかった大阪市立松虫中学校の陸上部を、7年連続13回もの日本一を輩出するまでに引き上げたのです。

その指導法に目を付けた、大手企業の経営者たちが自社の研修に原田先生の指導を取り入れると、目標達成する社員が続出したのです。

この再現性の高い教育は、その後ビジネス界で注目を浴び続け、2018年現在、430社、のべ86,000人が受講しています。

スポーツ分野では、大谷翔平選手が、原田メソッドを活用してきたことが話題になっています。

原田メソッドが、学校、家庭、企業、スポーツ・芸術、海外と、あらやる分野で実績を上げ、評価を得ているのは、単に能力だけを開発するのではなく、すぐれた人格を備えることに着目しているからです。

本講座では、原田メソッドが目指す「自立型人間」についても概要をお伝えします。

そして、原田メソッドのエッセンスである、目的目標の4観点ワークを行い、ご自身にとって価値のある目標を設定します。

こんな方にオススメ

  • 年初に立てた目標が毎年未達成に終わってしまう
  • 目標を立ててもモチベーションが続かない
  • 目標を立てても3日坊主で終わってしまう
  • 目標を立ててもすぐに挫折してしまう
  • 自分にとって適切な目標の立て方を知りたい
  • 漠然とした夢は持っているがどう動いていいかわからない
  • そもそも目標がない
  • 部下や社員に適切な目標を持ってもらいたい
  • 部下や社員に自立して行動してもらいたい
  • 原田メソッドとはどういうものか知りたい
  • 原田メソッドに取り組むかどうか考えている
  • 原田メソッドのことを本で読んだがもう少し詳しく知りたい
  • 原田メソッドを実践している人の生の声が聞きたい

講座のカリキュラム

  1. 原田メソッドとは
  2. 自立型人間の定義
  3. 目的目標の4観点のワーク
  4. これから直近1ヶ月の目標を設定する

第1回目、第2回目の参加者の声

  • 目標の設定の方法がわかった。(東京都男性)
  • 意外な目的が見つかった。(東京都男性)
  • 目標、目的の定義と実現するためのアイデアに触れることができた。(千葉県男性)
  • 原田メソッドについて概略を知ることができた。(千葉県男性)
  • 目的目標が明確になった。(千葉県男性)
  • 迷っていたことが具体的になった。(千葉県男性)
  • もっと原田メソッドについて学んでみたいと思った。(栃木県男性)
  • 頭の中でもやもやしていた目標が手を動かしたて書くことで明確になりつつあります。日々の生活を見直すきっかけになりました。(千葉県男性)
  • 自分の心を整理することの重要性を学びました。(東京都女性)
  • 目標達成には行動とやることの細分化が有効と学んだ。(東京都男性)

会場

江東区産業会館

日時

11月4日 9:30〜11:30

価格

3,000円

講師紹介

【むく ひろゆき】(椋 寛之)

原田メソッド認定パートナー、コーチ

1968年生まれ、兵庫県西宮市出身。

富山医科薬科大学薬学部卒業後、外資系臨床検査薬メーカーにて25年間勤務。

営業(MR)、テクニカルスペシャリスト、支店長を歴任。

2016年独立し、ネット物販、雑誌、Webでのライティング、ブログ運営に従事。

新たに始めた事業を軌道に乗せるため、そして趣味の卓球の目標達成のため、目標達成の手法を探し、原田メソッドに出会う。

2017年8月原田教育研究所認定パートナー取得。

目標達成の技術を習得し、講師、コーチとして活動中。

申し込みページ