メガネ型ルーペ買ってみた Kindleでマンガを読むのに大活躍だ!

ハズキルーペというメガネ型ルーペが流行しています。

ぼくはテレビを見ないので、CMを知らず、つい最近までハズキルーペのことを知らなかったのですが、周りの人たちから聞いて知りました。

ぼくは普段、PCやスマホを見るときは老眼鏡を使用していますが、老眼鏡とメガネ型ルーペの違いも知りませんでした。

ハズキルーペのウェブサイトてその違いを知りました。

ルーペは大きく拡大する事を 目的としたレンズの為、大きく見えることに対して、 老眼鏡は ピントを合わせる事を目的としたレンズの為、 ピントを合わせても 拡大はしない。

今回、書店で販売されている、読書の友メガネ型ルーペを購入してみました。

スマホやPCの文字が大きく見えるのは、思いのほか快適で、目や肩の疲れも少なくなることがわかりました。

特にKindleでのマンガは、老眼鏡でも読みづらかったのが、格段に読みやすくなりました。

開封の儀

▲書店の目立つ場所に並べられています。

数種類陳列されていましたが、視野が広くて色付きのものを選びました。

読書に有用なので、書店で販売されているのは納得がいきます。

これからは、書店でも本以外のものをどんどん売っていく流れなのでしょうね。

▲ハッキリ、クッキリ、クリアというキャッチコピーが目立っています。

▲とても軽くてかけやすいです。

使用してみて

感想は以下です。

  • 文字が大きく見えて快適
  • 視野が広い
  • レンズの色はまったく気にならない

老眼鏡に比べて、字が大きく見えるのがすごく快適です。

一番威力を発揮したのは、マンガです。

マンガは文字部分が小さいので、特にKindleでは拡大しないと読めなくなっていました。拡大すると、ページ送りするときに戻すのが面倒で、Kindleやスマホではマンガは読まないようになっていました。

このメガネ型ルーペがあれば、Kindleでもマンガがストレスなく読めます。

そのかわり、少し距離がかわるとすぐぼやけるので、ピンとの合う距離で使うようにしなければなりません。

まとめ

メガネ型ルーペは、文字が大きくクリアに見えてとても快適です。

ただしピントの合う範囲は狭いので、スマホやPC、読書、Kindleでのマンガなど、限定した使用がいいと思います。