ヘルシオで金時豆を蒸してみた

勝間式食事ハック』に影響されて、ヘルシオで大豆を蒸してみたらなにもつけなくても食べられておいしかったので、他の豆を試すことにしました。

ぼくの中では大豆に次いでポピュラーな豆といえば、金時豆(いんげん豆)です。

糖質量ハンドブックでは、ゆで40gあたり糖質 2.3g タンパク質 1.7gです。

大豆に比べて糖質は少し多めですが、一度にそれほどたくさん食べられるものではありませんので、糖質制限でも取り入れられるレベルです。

タンパク質は大豆に比べて1/3になりますが、繊維質が多いのか、翌日の便がよくなった気がしました。
大豆とまったく同じレシピで蒸してみました。

ぼくの使用しているヘルシオAX-SA1で、手動加熱→蒸し物(強) 30分で、大豆よりは硬めですが、なにもつけなくてもおいしい蒸し金時豆ができました。

冷めてもおいしく食べられる味なので、サラダに混ぜられるおかずになりました。

開封の儀

▲Amzon’s choiceの商品なので、Prime便で翌日到着しました。

水で戻す

▲ 150mlカップにいっぱいで135gです。

大豆の1.3倍の重さがあります。

これに同じ150mlカップ4杯の水 (600ml)を加えて戻しました。

▲戻しああとの重量は大豆と同様にほぼ倍になりました。

ヘルシオで蒸す

▲ざるのまま、ヘルシオ網の上に乗せます。

▲手動加熱から「蒸し物」を選択します。

「蒸し物」(強)にして、最大値の30分にセットしました。

▲まだ少し硬いですが、食べられないほどではありません。

このまま食べることにしました。

食べ残した分を冷蔵庫で保存すると、さらに硬くなりました。

もう10分ほど蒸せばちょうどいいと感じました。

まとめ

ヘルシオで金時豆を蒸してみました。

大豆と同じ30分の蒸しでは少し硬いですが、大豆と同様になにもつけなくてもおいしく、冷えてもおいしいのでサラダの具にちょうどいいおかずになります。

今後も豆のレパートリーを増やしていこうと思います。

購入した商品

参考にした本