ヘルシオで蒸し大豆 なにもつけずに食べられ 自然な甘みがしみわたる

『勝間式 食事ハック』を読んで、蒸し大豆を食事に取り入れようと決めて、さっそくやってみました。

大豆はAmazon’s choiceの商品で「国産(山形県) 里のほほえみ(大豆) 1kg 」を購入しました。

ぼくの使用しているヘルシオAX-SA1では、手動加熱→蒸し物(強) 30分で、歯ごたえがしっかりあって、なにもつけなくてもおいしい蒸し大豆ができました。

開封の儀

▲Amzon’s choiceの商品なので、Prime便で翌日到着しました。

水で戻す

▲ 150mlカップにいっぱいで102gです。

▲これに同じ150mlカップ4杯の水 (600ml)を加えます。

▲9月とはいえ部屋は暑いので、冷蔵庫に入れて一晩戻しました。

ヘルシオで蒸す

▲ざるの上にあけて、ヘルシオ網の上に乗せます。

▲手動加熱から「蒸し物」を選択します。

▲「蒸し物」(強)にして、最大値の30分にセットしました。

『勝間式食事ハック』には60分蒸すと書いてありました。

食べてみて、まだ固いだろうと思いきや、少しかたいですが十分食べられる柔らかさになっていました。

▲蒸したあとの重量はちょうど倍になっていました。

食品別糖質量ハンドブック』によると、ゆで大豆の糖質量は40gで0.7gと、このお皿全部を食べても糖質3.5gと糖質制限的にもOKな食品です。

一方でタンパク質は40g中5.9gとタンパク源として肉を補うことができます。

味は、なにもつけなくても噛めば噛むほどほんのりした甘みか出て、滋養がしみわたる感じです。

0.6%の塩で調味してみましたが、なにもつけない方がおいしく感じました。

まとめ

ヘルシオの30分蒸しで、なにもつけなくてもおいしい蒸し大豆ができました。

飽きのこない、滋養を感じられる味なので、常備菜として取り入れようと思います。

また、他の豆でも30分蒸しを試してみます。

参考にした本