飲んだ日の鼻呼吸の睡眠記録を分析してみた

トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法』を読んで、鼻呼吸の習慣を身につけようとしています。

セレブリーズ」を貼って寝るようにして1週間たちました。

飲酒したときに「セレブリーズ」を使って、いびきがなくなるのかについて報告します。

いびきの検知は睡眠アプリ「Sleep Cycle alarm clock」を用いました。

昼飲みのとき

14時30まで飲酒して、それ以降は飲んでいません。

アルコールは抜けていますが、飲んだあと食べ過ぎてしまいました。

▲いびきが12分検出されています。

セレブリーズを弱めに貼ったのが影響して、口呼吸になっていたかもしれません。

3軒はしごの日

糖質ゼロビール1缶、ハイボール3杯、ワイン1杯、ハイボール1杯、麦焼酎水割り1杯

を順に17時から22時まで飲みました。

セレブリーズは強めに貼りました。

▲これだけ飲んだのにいびきは検出されませんでした。

自宅でストロングゼロを1缶

自宅でストロングゼロを1時間位かけてちびちびと飲みました。

寝る直前まで飲んでいます。

セレブリーズは強めに貼りました。

▲いびきが4分検出されています。

いびきは寝ついてすぐの時間帯が多いのですが、この日は寝て3時間たったときに検出されています。

この日はアルコールの影響というより、頭の位置がずれて、かなり仰向けになったためいびきが出たのだろうと感じました。

まとめ

セレブリーズを貼って寝るようになって、ほとんどいびきが検出されないようになりました。

しかしセレブリーズを貼っていても、弱めに貼った場合、頭の位置がずれて仰向けになった場合は、いびきをかくことがわかりました。

アルコールを飲んだ日でも、セレブリーズをきつめに貼って、きちんとした頭の位置が保たれていれば、いびきはかきづらいことがわかりました。

Sleep Cycle alarm clock

無料
(2018.09.04時点)
posted with ポチレバ