鼻呼吸睡眠開始して3日間 順調 のどの痛みがなく快調!

『トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法』を読んで、鼻呼吸がいかに大事かを知りました。

ぼくはアレルギー性の鼻炎と喘息があり、季節の変わり目や気温の変化で症状が出ます。

本書では、これは口呼吸による呼吸過多が原因だと解説しています。

また、毎朝起きたとき、のどの痛みと乾きを感じており、睡眠アプリではいびきをかいていることが検出されていました。特にお酒を飲んだ日はいびきをかなりかいています。

これをなんとかしたいと思っていました。

そこで2018年8月28日より、鼻呼吸口止めテープを使用して睡眠をとることをはじめました。

以前、堀江貴文氏の『むだ死にしない技術』でも、歯周病予防のために鼻呼吸が大事だと知りました。本書でそのために口止めテープを使う方法をすすめていて、そのときに買った口止めテープ「セレブリーズ」を再度使用開始しました。

前回使ったときは、寝ているときに外れて(外して?)うまく使えませんでした。

今回は念には念を入れて、鼻拡張テープ「ブリーズライト」も併用しました。

セレブリーズ装着 初日 寝る前

▲寝る前に装着したところです。

貼った感触はかなり薄くて、弱い感じで、本当にこれで口の動きをとめられるのだろうか?、と不安になるくらいです。

セレブリーズを正しくつけるポイントは、下唇の先を上唇の下にもぐり込ませてから貼ることです。

これにより口が開きづらくなります。

初日は念のためブリーズライトも貼っています。

セレブリーズ装着 初日 朝

▲朝起きたところです、まったくずれずに貼ったままの形を保っています。

寝ているときは、とくに違和感を感じず、呼吸も楽でした。

ぴったりと粘着しておりますが、はがすときに痛みがあるようなことはありません。

朝起きたときによくある、鼻水もまったく出ていません。

喉の痛みはまったくありません。これはすごいです。

前述の『最高の呼吸法』では、鼻呼吸の場合、仰向けではなく、横向きに寝るべきと書いていますが、いつもどおり仰向けで寝ました。

▲睡眠アプリ(Sleep Cycle)でのいびき検出は2分となっていて、セレブリーズを付ける前と比べて激減しています。

再生して聞いてみると、少し強めの鼻息で、いびきではありませんでした。

以前は飲んでいないときは7分程度はいびきが検出されていました。

ちなみに飲んだときは30分くらい検出されます。

使用3日目

ブリーズライトは初日、2日目だけ使用して、そのあとは外しています。

セレブリーズだけでも、はがれることなく安眠できています。

相変わらずのどが痛くないので毎朝快適です。

▲睡眠アプリではいびきは検出されていません。

まとめ

鼻呼吸での睡眠習慣を身につけるため、鼻呼吸用口止めテープ「セレブリーズ」を使用して3日間経過しました。

今のところ、寝ている間はがれることなく、違和感なく眠れています。

朝起きたとき、のどの痛みがないことがうれしいです。

飲み会の夜にセレブリーズを貼って寝たらどうなるかも近々試す予定です。

3週間から3ヶ月で鼻呼吸の睡眠は習慣つけられるとのことですので、しばらく続けてみてまた報告します。

参考にした本