「温・冷 水眠マット」 開封の儀 レビュー 熱帯夜でも熟睡できる!最強の睡眠ツール

精神科医 樺沢紫苑さんがメルマガと、ブログ「熱帯夜でも熟睡できる! 最強の睡眠ツールを発見した!」という記事で紹介していた「温・冷 水眠マット」を2018年7月6日に購入しました。

開封の儀と、使用して初日の感想を書きます。

開封の儀

▲Amazonで注文し、翌々日に到着しました。

▲ダンボールを開けたところ。

ブルーのマットが折り畳まれて、コントローラーの上に置かれています。

▲中身をすべて取り出しました。

シンプルな構成です。

コントローラーとマットとマニュアル、付属品です。

▲コントローラーの横には水量の目盛りがあります。

目盛りの下に、ホースをつなぐ接続口があります。

▲ホースをつないでから、コントローラーの上部から水を注いで、そのあと電源を入れると、水がマットの中に流れ込んでいきます。

▲温度設定が可能です。

最初に電源を入れたら8度の設定でした。

樺沢紫苑さんがブログ記事で書いていた25度に設定しました。

▲普段使用しているエアウィーヴのマットレスの上に直に敷いて使用しました。

使用初日の感想

マットの上に何も敷かずに直に寝ました。

背中、足がひんやりとして気持ちがいいです。

夏場は、いつもはクーラーをタイマーで1時間付けて寝るのですが、この上に寝ると暑さを感じないので、クーラーは消したまま寝ることができました。

最初は少し違和感があり、寝付きが悪かったですが、眠りに落ちてからは、朝まで熟睡できました。

コントローラーの温度設定は25度にして、朝まで付けっぱなしでした。

朝に体が冷たいと感じることはありませんでした。

睡眠アプリの評価

▲スリープサイクルの結果です。

このアプリは音で睡眠の深さを検知するアプリです。

その日はたまたま寝付きが悪かったのですが、眠りに落ちてからは深い谷が現れています。

▲オートスリープの結果です。

このアプリはApple Watchで計測した、手の動きと心拍数から睡眠の深さを検知するアプリです。

深い睡眠が普段より多い結果となっていて、心拍数もいつもより低く保たれています。

まとめ

「温・冷 水眠マット」は、開封してあっという間に簡単にセットができました。

到着してその日に使用してみましたが、クーラーを付けずにいつもより深い睡眠が得られました。

32,800円と、思い切りが必要な価格ですが、熱帯夜が予想されている今年の夏を、クーラーを付けずに快適に過ごせるのなら、かなり安い投資と言えます。

次回は、1週間使用してみての感想を報告することにします。