谷川岳 日本三大急登 西黒尾根ルート 登りがキツいが眺望が素晴らしい

2017年7月22日、谷川岳登山に行ってきました。

昨年の谷川岳登山では、悪天候の中で、遭難の危険に遭いました。

谷川岳 雨天での登山で得た教訓 | むくどりのブログ 69bird.jp

今年は天候に恵まれ、昨年果たせなかった山頂に到達することができました。

谷川岳 日本三大急登 西黒尾根ルート 登りがキツいが眺望が素晴らしい

▲0608発のときに乗車し、高崎から在来線乗り換えで行きます。

▲土合駅に0830に到着し、日本一のモグラ駅の階段を登ります。

▲土合駅にて登山カードを提出しました。

▲0848にいざスタートです。

少し曇っていますが、蒸し暑いです。

▲途中の清流がキレイです。

▲ロープウェイの駅を横目に登ります。

▲谷川岳登山指導センターです。

ここは水も汲めます。

▲指導センターから5分くらいで西黒尾根登山口に着きました。

▲登山口からすぐに急な登りが続き圧倒されます。

▲あまりの登りのキツさと暑さに10分おきに小休止を取りながら進み、ようやく1/4地点に来ました。

先が思いやられます。

▲登山口から1時間くらい歩いたところで少し視界が開けました。

▲登りが少しなだらかになりました。引き続き樹林の中を歩いて行きます。

▲2時間弱歩いたところで突然大きな視界が開けました!

▲キレイな山並みが見えて疲れが吹っ飛びます。

▲鎖で登る岩場が出てきました。

▲すごい眺めです。

▲ところどころにキレイな花が咲いています。

▲急な岩場が続きます。

▲ラクダの背に到着。

登山口から2時間20分経過しています。

▲ガレ沢の頭。

▲まだまだ急な岩場の登りが続きます。

▲少し天候が怪しくなり、空が暗くなってきました。

雷の音も聞こえます。

何とか山頂までもってくれと、祈る気持ちで登ります。

▲山頂までの道が開けてきました。

▲雪原があちこちに見えるようになってきました。

真夏なのに雪が残ってるとは驚きです。

▲ザンゲ岩。

▲山頂の方向を示す看板。あと少しです。

▲雪原の上を歩きます。

ひんやりとして気持ちいい!

▲肩の小屋付近にある目印の塔にリュックを置き、山頂を目指します。

▲リュックを降ろすとかなり身軽になります。

▲あと少しです。

▲双耳峰の一つ、トマノ耳に登頂達成。

気持ちいい!

これから雨の予報なので、オキノ耳はあきらめます。

▲肩の小屋にて遅いランチです。13時30分を少し過ぎてます。

▲部員が持ってきてくれた手作りのおかずを頂きます。

この後は予報通り雨でした。

ほとんど休まず、天神尾根を一気に歩き、天神平ロープウェイ駅まで到着しました。

肩の小屋から、1時間15分でした。

▲この後ロープウェイに乗り、土合口まで下山しました。

土合口からは、路線バスにのって、ゆびそ温泉で下車し、ホテル湯の陣に宿泊し、温泉で疲れを癒やしました。

まとめ

日本三大急登の一つである、西黒尾根ルートでの谷川岳登山は、かなりの急勾配を登り続けるルートで、夏の暑さもあり、とてもキツかったです。

しかし、行程の半分を過ぎた当たりから広がる大パノラマの雄大さは、疲れを吹き飛ばしてくれるほど素晴らしいものでした。

一度は登るべき山だと思います。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告