忠彦丸 金沢漁港 横浜 タチウオ釣り 広々とした仕立船でタチウオ釣りを楽しんだ

2017年7月28日、金沢港の忠彦丸でタチウオ釣りに行ってきました。

金沢八景 : 忠彦丸 : トップページ – 関東沖釣り情報

忠彦丸でのタチウオ釣りは2度目になり、前回の記事はこちらです。

忠彦丸 金沢八景 タチウオ釣り | むくどりのブログ

前回より、2ヶ月弱早い時期になります。

前回の4本を上回るべく、挑戦しました。

忠彦丸 金沢漁港 横浜 タチウオ釣り 広々とした仕立船でタチウオ釣りを楽しんだ

▲宿泊していた皆楽園を6時前に出ます。

▲シーサイドライン金沢八景駅から5時59分発に乗車します。皆楽園はシーサイドラインの駅からすぐなので便利です。

▲車窓から海が見えます。

▲一駅先の野島公園で降ります。

▲シーサイドラインの高架下を歩いて行きます、

▲金沢港は信号右折と書いた看板が見えました。

▲信号を右に曲がって公園方向に向かいます。

▲金沢漁港の入り口に10分くらいで到着。

忠彦丸の看板もあります。

▲忠彦丸到着!

看板犬が迎えてくれます。

▲今日は仕立てです。

6人以上の予約で一人9000円です。電動リールの貸し竿は2000円です。

▲上州屋で買った麦わら帽子をかぶって乗り込みます。

▲電動リール付き竿をレンタルしました。

受付で、重りと天秤とのセットを購入しました。(1200円)

重りは80号でした。

仕掛けは400円ですが、同乗者が持っていたサービス券付きのハガキを見せて、5名分もらえました。

▲7時より、船上にて釣り方のレクチャーが始まりました。

▲購入した仕掛けの針の根元にパイプが付いていましたが、それでは食いつかないそうです。

パイプを外して針と糸をじかにつなぐやり方を教わりました。

▲エサはコノシロの身。

エサの付け方は、しっかりと針の根元まで身を通して、エサが針が平行にまっすぐになることがポイントです。

エサの付け方が悪いと、タチウオにエサを取られるだけになってしまいます。

▲7時30分に出港します。

▲曇っていますが、波はほとんどなくおだやかです。

▲15mより浅めを狙うとのことで、15号の重りを船長さんより借りました。

▲8時45分にようやく一本目が釣れました!

▲その後1時間に3本ずつくらいコンスタントに釣れました。

▲あっという間に前回の4本を上回ることができました。

▲出港当初は曇りでしたが、次第に晴れてきて日差しが強くなってきました。

▲11時以降はほとんど釣れなくなり、13時に久々に1本釣れました。

今日の釣果はタチウオ9本でした。

▲14時に帰港です。

▲相当日差しが強く、かなり日焼けしてしまいました。

まとめ

忠彦丸でのタチウオ釣りは、初心者でも手軽に釣れて、とても楽しい釣りです。

ポイントは、仕掛けとエサの付け方です。

そこは、しっかりとレクチャーしてくれるので、その通りにやれば誰でもそれなりの釣果が得られます。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告