AirPods 片耳だけで使用 落下防止イヤーチップ フック をケースに入れて使える

AirPods 片耳だけで使用 落下防止イヤーチップ フック をケースに入れて使える

AirPodsの購入後の不安はやはり、落下により紛失してしまうことですよね。

そういう僕も購入してすぐに片耳を紛失しました。

満員電車に乗りこむときに、押されて倒れたときに耳から外れて、その後すぐその付近を探しましたが出てきませんでした。

そのときはiPhoneを探すメニューにAirPodsがなく、駅にも届け出をしましたが、出てきませんでした。

その後開き直って片耳だけで使用再開しました。

そのとき、落下防止イヤーチップがAirPodsのケースに収納できることに気付き、その方法でAirPodsの片耳使用が快適になりました。

では紹介します。

AirPods 片耳だけでの使用も便利で充分使える

AirPodsを片耳だけで安全に快適に使う方法としてAirPodsの落下防止用のイヤーチップを使います。

▲イヤーチップには大小二種類のサイズがありますが、僕は小サイズを使用しています。

▲このようにAirPodsの収納部分に収めることができます。

▲ふたも完全に締まります。

▲装着は慣れればあっという間です。

その都度外したり、付けたりを繰り返しても、ゴムが伸びたりすることはありません。

このチップを装着しているとます落下の心配がなくなります。

まとめ

AirPodsの片耳を紛失してたまたま思いついた、イヤーチップをケースに同梱して使う方法は、AirPodsの落下の不安を解消し安心してAIrPodsを使う便利な方法です。

片耳だけでもAirPodsの機能はすべて使うことができます。

片耳だけで使用するのは、移動中の場合外部の音も同時に聞くことができて、駅や電車内での使用で安全です。

今ではすっかり片耳使用に慣れてしまって、両耳のイヤホンでは外部の音が遮断されるので不安に思うほどです。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top