Smart Battery Case Apple純正 iPhone 6バッテリ付きケース を購入した

Smart Battery Case Apple純正 iPhone 6バッテリ付きケース を購入した

最近iPhone6のバッテリーの持ちが悪いと気になっていた。朝持って出て夕方には無くなって、モバイルバッテリーにつなぐのが習慣になっていた。

つい最近堀江貴文さんのHIUセミナーに出た時、堀江さんがアッブルマークの付いたバッテリーケース付きのiPhoneを持っているのを見て早速影響されてしまい、ネットで情報収集してみたところ使ってみると意外にいい,という評価が多かったので購入してみた。

Apple純正 iPhone 6バッテリ付きケース – Smart Battery Case – を購入した

Apple Storeのアプリで検索し発注した。2月20日に注文し2月22日の午前中に届いた。かなり早い。

IMG_2175

▲iPhone本体と同様の大きさと厚さのパッケージ。

IMG_2176

▲パッケージ裏面。

 

IMG_2177

▲外箱を縦にスライドさせて中身が登場。外箱の画像と同じものが出てきた。

IMG_2178

▲ケースを取って裏返したところ。中身にドキュメントが封入されている。IMG_2179

▲ドキュメントを取り去り本体のみとなった。ライトニング端子の出っ張りがある。
IMG_2180

▲ドキュメントの図にあるように、バッテリーが無い上部を折り曲げてiPhone6を挿入した。簡単に挿入出来た。

IMG_2181

▲ライトニングケーブルを挿したところ本体のバッテリーに加えてケースのバッテリーの容量も表示された。純正ならではの表示か。

ケースを付けたまま充電する場合はiPhoneから先に充電するらしい。急いで両方に充電したい場合はケースを外して個別に充電も可能だ。

IMG_2196

▲1日使ってケースのバッテリーはゼロになているが本体にまだ60%も残っている。僕の通常の使い方では1日フルに持つことが分かった。

使用感

ケース裏面の出っ張りはiPhone本体を持つ時にちょうど良い引っ掛かりになって以前より落としにくい感じがする。またシリコンの感触も滑りにくい感じで非常に良い。また出っ張りのお陰で画面を上にして置いた時に適度な隙間が出来、持ち上げやすくなった。元々薄くて軽いiPhone6なので厚みも重さもほとんど気にならない。

 

まとめ

iPhone 6 Smart Battery Case は、コンパクトサイズかつ手にフィットするシリコン素材で、外付けモバイルバッテリーを不要にするすぐれものだ。

価格は¥11,800(税別)と高価だが、外付けバッテリーを忘れたり、持っていても充電し忘れていたりして、コンビニで無駄なバッテリーを何回買っただろうと思うと、充分元は取れると考えられる。

(最終更新:2016年5月17日)コメント0件1325

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top