IKEA BEKANT ベカント 電動昇降式スタンディングデスクは腰痛防止とダイエットの切り札だ

IKEA BEKANT ベカント 電動昇降式スタンディングデスクは腰痛防止とダイエットの切り札だ

勝間和代さんが提唱している「座らない生活」をしたくて、スタンディングデスクをいろいろと調べた結果、IKEAの昇降式デスク SKARSTA が価格も安くて良さそうだという結論に達し、2017年4月10日 南船橋のIKEA TOKYO BAYに行きました。

行ってみると電動昇降式のBEKANT ベカントが展示されており、高さの調節がとても簡単かつスムーズで、天板の大きさもちょうど良かったので、もともと購入しようと思っていたSKARSTA よりかなり高かったですが、即購入してしまいました。
ボタンひとつで高さが調節できるデスク BEKANT – IKEA

自宅に設置しましたが、これは本当に買って良かったと思える逸品でした。

では紹介します。

IKEA BEKANT ベカント 電動昇降式スタンディングデスクを設置してみた

▲これがパッケージです。IKEAならではの運びやすいパッケージです。

価格は天板と電動昇降式脚を合わせて¥69,900。

天板は120cm×80cmで、今まで使用していたIKEAのデスク(LINMON)と比べると横幅は一緒ですが、奥行きが20cm広くなります。

今までの使用デスクLINMOMの記事はこちら。

▲電動昇降式脚のパッケージは2つに分かれていて1番がこれ。

▲2番はこの電動昇降部分。こちらはかなりの重量があります。

▲天板のダンボールを外したところ。これはそれほど重くありません。

▲組み立て開始。IKEAの説明書は絵しかないのにわかりやすくていつも関心します。

今回も組み立ての方法から注意点まで直感的にわかる説明書に感動しました。

▲IKEAのFIXAという電動ドライバーを用意していましたがまったく使わず簡単に脚が組み立てられました。

▲脚と天板を組み立てる。これも簡単です。

▲配線をつなぎ、カバーをかける。電動昇降ボタンの取り付けだけが、天板に自分で穴を開けてネジで留めるというアナログの取り付けだったので少し迷いました。

配線部分はしっかりとした網で覆うのできれいに隠れます。

完成まで50分と1時間かかりませんでした。。

IKEA BEKANT

▲今まで使用していたデスクと入れ替えて設置。

指一本でこの大きな天板が上下する動きは圧巻です。

耐荷重は70kgということで自分が上に乗っても大丈夫なので、腰が疲れてきたら肘をデスクの上に乗せて体重を支えていますがびくともしない安定感です。

キーボードを打つのに最適な高さ、筆記するのに最適な高さ、食事をするのみ最適な高さ、がそれぞれあり、動かすたびに電動昇降式のありがたさが身に染みます。

まだスタンディングに体が慣れていないので、長時間のスタンディングは腰が痛くなってきます。そのときは従来の高さに戻していすに座ります。

使用前には一度高さを決めたらそれほど動かさないだろうと思っていましたが、このように一日に何度も高さを動かしています。

手動だったらこれは大変だなと思います。

まとめ

IKEAの電動昇降式スタンディングデスク BEKANTは組み立てが簡単立つ習慣を定着させるのに最高のスタンディングデスクです。

スタンディングデスクの高さ調節の回数は思っていたより頻繁で、電動昇降式のありがたさを実感しています。

10年保証の安心がついて¥69,900という価格は、買ったあとで特にとても安いと感じます。

これで立つ習慣ができて腰痛が改善し、腹筋が鍛えられてダイエットにも効果が出れば、デスクに投資した費用はあっという間に回収されるでしょう。

参考にした本

 

 

 

 

コメント0件199

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top