クビでも年収1億円 図解・実践編 小玉 歩 著 【ブックレビュー】

クビでも年収1億円の続編の図解・実践編を読んだ。

前編のレビューはこちら

前編ではネットビジネスのゴールデンルールを学んだ。

ゴールデンルールとは以下の流れだ。

  1. オークションサイトでの転売
  2. オリジナルショップ運営
  3. メルマガで紹介ビジネス
  4. オリジナルコンテンツの販売

そして今回読んだ図解・実践編で、その詳細と具体的手法を学んだ。

では紹介しよう。

クビでも年収1億円 図解・実践編 小玉 歩 著 【ブックレビュー】

無在庫でネットショップを運営する

ゴールデンルールの2番目のオリジナルショップの運営方法だ。小玉氏はカラーミーショップにて無在庫での運営を行ったと述べている。

扱う商品は海外のネットショップやAmazonで販売されている商品だ。そして国内と海外の価格差が大きく、ライバルの少ないニッチな分野がねらい目だと述べている。

在庫を持たないというのは当然リスクが少ないから、とても魅力的な販売方法だ。

オリジナルショップであるからこそできる手法であろう。

僕も今後プラットフォーム販売を行いつつ、オリジナルショップでの販売を考えていきたい。

メルマガの読者の獲得方法

ゴールデンルールの3番目はメルマガの運営だ。メルマガはブログより稼げると小玉氏は強調する。

また、ブログはプル媒体で、メルマガはプッシュ媒体と表現していて,メルマガはより強く読者に情報を送ることのできるメディアだ。

僕もそうだが、ブログまではできても、メルマガというのはかなりハードルが高く感じる人が多いのではないだろうか。

小玉氏は無料レポートをメルぞうというサイトに登録することで読者を集めるのが効果的と述べている。

そしてブログを基幹にして、ツイッター、Facebookを使って立体的にメルマガに登録してもらう流れを作っていく。

まとめ

今回の読書で、オリジナルショップの無在庫での運営、そしてメルマガ発行方法の2点について学んだ。

どちらもハードルが高く感じるがひとつひとつステップを踏んで実行していくことで実現可能だ。

そして自分独自の視点、手法でやることができるはずだ。

4番目のコンテンツ販売へ到達するための重要なプロセスであり、ぜひ実現していきたい。

 

 

 

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告