やきとん かなめ 要町 豊島区 串焼き 冷菜 満遍なくおいしい 店員さんのきびきびした動きがすばらしい 【東京赤ちょうちん】

2016年12月18日、メトロ有楽町線 要町駅の「やきとん かなめ」に行ってきた。

やきとんと、各種おつまみかおいしく、若い店員さんがきびきびとした動きで気持ちいいお店だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲要町駅からすぐ。焼きとんのちょうちんが食欲をそそる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲串焼きと各種おつまみのメニュー。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲モツ煮 450円。モツがぷりぷり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲はつ 120円と しろ 120円。しっかり焼かれていて香ばしい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲春菊のサラダ。

生の春菊がこんなにもおいしいとは知らなかった、これはさっぱりしてかなりおいしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲なんこつ 150円、たん 150円、とんとろ 180円。

なんこつは歯ごたえがよく食べ応えがある。とんとろは脂がのっていてうまい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲アジフライ。焦げすぎず適度な焦げ色で、タルタルソースにからめて食べるととてもおいしい。

まとめ

要町駅からすぐのやきとん かなめは、やきとんと各種おつまみがとてもおいしく、手頃な価格でチョイ呑みを楽しめるお店だ。

そして店員さん3名の動きがよく気持ちの良い空間た。

関連ランキング:焼きとん | 要町駅千川駅椎名町駅

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告