天神湯 中野 ぬくもりを感じる 落ち着く 昭和銭湯

2016年11月30日、中野の天神湯に行ってきた。

天神湯へ行こう!

中野駅から徒歩すぐのこぢんまりとした路地にある、ぬくもりの感じられる銭湯だ。

さっそくご紹介。

img_7195

▲中野駅北口を出て線路沿いを東ひ進む。壁にペインティングがされていて飽きない道だ。

img_7198▲天神公園方面へ左折すると、こぢんまりとした路地があり、天神湯が現れる。

img_7204

▲天神公園周辺は小さな商店街となっていて、レトロな街並みだ。

img_7197

▲歴史を感じるかわら屋根の建物だ。

img_7199

▲のれんが派手でいい雰囲気。

img_7200

▲月曜、木曜と週休2日なので、行く前に曜日を確認する必要がある。

img_7201

▲脱衣所の様子。ところどころに木の柱などがあり、ぬくもりを感じる建物だ。

img_7202

▲思わず座りたくなるような休息用のいす。

img_7203

▲天井を見上げると、レトロなランプがつり下がっている。まだ16時頃だったので点灯はしていなかったが、どのように光るか見てみたい。

浴室

洗い場は、入って左壁に4箇所、ついたてが2本あって左のついたては片側に5箇所、右側のついたては両側にそれぞれ5箇所、右側の壁に6箇所で、計25箇所ある。シャワーはノブ固定式。

浴槽は奥の壁際に1槽で2つに仕切られている。大きい浴槽の方がジェット風呂となっている。

小さい浴槽の方は中から赤いランプで照らされている。

湯温は少し熱めだが、肩までは浸かれる。

まとめ

中野の天神湯は、昭和のたたずまいの漂う天神商店会の中にあり、ぬくもりのある銭湯だ。

都会の真ん中とは思えない、ほっとする空間を味わうことができる。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん、樺沢紫苑さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告