焼き鳥 たすく 新橋 店名通りいい仕事をしている焼き鳥屋 【東京赤ちょうちん】

2016年11月2日、新橋の焼き鳥 たすくに行ってきた。

焼き鳥と、その他のおつまみがとてもおいしく、店員さんが気持ちよく、いいタスクがまわっているお店だ。

ちなみにたすくとは「将」からきているようで、英語のタスクではない。

では紹介してみよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲新橋駅のSL広場からすぐのところにある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲店内は縦に細長く、カウンターを背にテーブル4つと、奥にテーブルが2つある。

17時頃の入店で奥のテーブルについた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲本日のおすすめ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲お通しのキャベツ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲新橋らしくまずはホッピーで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲そしてポテサラ。コショウが効いていてスパイシーでおいしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲カツオのたたき。上品な味だ。薬味のミョウガがとワカメがたっぷり添えられている

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲そしてやってきました焼き鳥。

はつもと串、やげん軟骨串、それぞれ一串250円。

肉が軟らかくジューシーで、やさしい感じの歯触りだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲かしら、せせり、ねぎ焼き、うずら。

ネタはどれもこぶりでちょうどよく、ほんとうにおいしい。

おいしいとしか表現のしようがない。

まとめ

新橋の焼き鳥たすくは新橋駅SL広場からすぐ近くにあって16時から営業していて使い勝手のよい焼き鳥屋だ。

焼き鳥は小ぶりでどれもがジューシーでおいしく、その他のつまみもおいしい。

店員は若くて元気がいい。

とてもおすすめの焼き鳥屋だ。

お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 新橋駅内幸町駅汐留駅

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告