塔ノ岳 丹沢 曇と霧で視界不良 霧のミストシャワーを浴びまくった

2016年10月23日、丹沢 塔ノ岳に登ってきた。

ヤビツ峠からスタートして大倉に下りるコースだ。

ここは尾根伝いに富士山が拝みながら歩けると人気のコースだが,あいにくの天気で景色はまったく楽しむことができなかった。

代わりに霧のミストシャワーを浴びながらの行程だった。

塔ノ岳 丹沢 曇と霧で視界悪し 霧のミストシャワーを浴びまくった

交通機関

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲代々木上原0606発の小田原行き急行に乗る。

img_6384▲秦野駅に0708に着き、ヤビツ峠行きバス(21系統)に乗る。バスは多くの登山客で満車だ。

小田急の丹沢大山フリーパスBキップを利用した。これは小田急の駅以外では、日本旅行などの旅行会社でも買える。

ヤビツ峠から塔ノ岳

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲ヤビツ峠バス停。

この時点では曇ってはいるが、上の方の天気は予想はできなかった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲気温は暑くもなく寒くもなくちょうどいい感じ。

道は最初のうちはなだらかな上りで歩きやすい道が続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲二ノ塔あたりから視界が曇ってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲三ノ塔(標高1205m)ではこのようにかなり悪くなってきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲烏尾岳。三ノ塔から上はずっとこのような視界状況だ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲塔ノ岳に近づくにつれて岩場が多くなってくる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲途中鎖を持たないと下りられない険しい坂が数カ所ある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲新大日茶屋は閉まっていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲塔ノ岳のすぐ手前の木ノ又小屋は営業していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲塔ノ岳到着(1491m)!

ここで昼食を摂ったが風が強くて寒かった。

塔ノ岳から大倉バス停

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▲14時過ぎに塔ノ岳を出発。大倉バス停までは7kmあり、長い下りが続く。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲花立山荘。営業している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲途中何カ所か岩場の下りがある。行きほど険しいところはない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲堀山の家。営業している。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲駒上茶屋。ここも営業している。行きよりも営業している茶屋が多い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲見晴茶屋。下界の街並みが見えてきた。17時くらいで暗くなっきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA▲18時前にバス停に到着。最後の30分は道は真っ暗になった。ヘッドランプを持参してきて良かった。

いやー疲れた!

まとめ

ヤビツ峠から塔ノ岳、塔ノ岳から大倉のルートは、霧が深く景色を楽しむことができなかった。

代わりに霧のミストシャワーをたっぷりと浴びた。

距離,高低差のあり、かなりタフなコースだが、近いうちに天気のいい日に再チャレンジしたい。

詳しい行程はこちら(ヤマレコ)

塔ノ岳 曇り、霧で何も見えず・・・霧のミストシャワーを浴びまくり [山行記録] – ヤマレコ

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん、樺沢紫苑さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告