熊本城 復興の様子を少しだけ見てきた

2016年7月29日、熊本城に行ってきた。

熊本城公式ホームページ

当日は震災から3ヶ月でまだ城内は立ち入りが禁止されていた。

天守閣からは遠い場所だが、桜の馬場 城彩苑から上がったところまで行ってみた。

熊本城 城彩苑から近づく

img_4771▲夢ホール前を車で進む。天守閣が見えてきた。
img_4777▲城彩苑から城近くまで近づく道を上がる。天守閣とクレーンが修理をしている様子が見える。

img_4773▲石垣が崩れている。
img_4775▲未申櫓(ひつじさるやぐら)。目立った損傷はない。

img_4776▲左側に回ってみると石垣が崩れている。

このまま15分くらい歩いて加藤神社まで行くと天守閣が近くに見えるのだが、かなりの暑さで行くのは断念した。

img_4801▲天守閣は日が暮れるとライトアップされてきれいだ。

まとめ

熊本城は街の中心部からそびえ立つように見えて、まさに街のシンボルであり、復興のシンボルだ。

まだまだ完全復活までには時間がかかるだろうが、早期の復興を応援したい。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告