白龍(パイロン)盛岡じゃじゃ麺の老舗 独特の味噌と麺、チータンが旨い!

2016年8月2日、さんさ踊りで盛岡を訪れた。

その翌日、元祖盛岡じゃじゃ麺の老舗の白龍に行ってきた。

内丸の白龍は休日は並ばないと入れないが、早い時間を狙ってカワトクデパート地下のお店に行った。

この選択は正解で、即着席、注文ができた。

早速紹介しよう。

白龍(パイロン)盛岡じゃじゃ麺の老舗 独特の味噌と麺、チータンが旨い!

▲カワトクデパートの地下。

実はここに白龍があることを知らずに入った。元々内丸の白龍に行こうと思っていたのでラッキーだ。10時過ぎだが開店している!

▲白龍の看板。

▲じゃじゃ麺のおいしい食べ方の説明書き。

▲カウンターに座る。

味噌、酢、ニンニク、ラー油と各種アイテムが並ぶ。そしてチータンタン用用の生卵も。

▲やってきました!久々のじゃじゃ麺!

注文してから麺を茹でるため最低でも10分はかかる。

▲麺は歯ごたえがありつつ柔らかくて食べやすい。

特製の味噌とあえて、自分好みに各種アイテムをぶっかけて食べる。

▲食べ終わったら生卵を割り入れてかきまぜてからカウンターに出すと、スープと味噌を入れてくれる。

▲この卵スープがチータンタンだ。

スープ自体はあっさりしているが、味噌や各種アイテムと混ぜ合わせることで自分好みのおいしいスープになる。

麺を食べた後にこれを食べるとほっとする。

まとめ

カワトクデパート地下で白龍のじゃじゃ麺を食べた。

内丸の本店と同じ味が、デパート開店の10時から、広い店舗で味わえる。

これはおすすめだ。

お店情報

関連ランキング:そば・うどん・麺類(その他) | 盛岡駅

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告