中野屋 立ち呑み 中野駅南口 終電前のチョイ呑みに最適なお店 【東京赤ちょうちん】

2016年7月27日23時頃中野駅南口で飲んだ帰りにちょっと1杯ということになり、中野屋に行った。

昼は立ち食いそば屋、夜は立ち呑み屋で、いわゆる二毛作店だ。

人数は7名で店舗前のテーブルで外呑みをした。

中野駅が見えるポジションでの外呑みであり,安心して開放的気分でチョイ呑みができた。

中野屋 立ち呑み 中野駅南口 終電前のチョイ呑みに最適なお店

IMG_4732

▲駅前の立ち食いそば屋ならではの立地で中野駅南口のすぐ隣にある。

IMG_4735

▲7名でこのテーブルで外呑みを楽しんだ。

IMG_4733

▲ドリンクメニュー。立ち呑みならではの料金設定だ。

IMG_4734

▲おつまみ。この他にも焼き鳥、焼きとんがある。

IMG_4736

▲事前に自動券売機で50円ごとのチケットを購入して、それを使ってその都度支払いをする。

IMG_4737

▲中野モヒート。ミントの葉が入っている。

まとめ

中野屋は中野駅南口のすぐ隣という最高の立地条件でチョイ呑みができる便利な店だ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 中野駅新中野駅

 中野の立ち呑み屋情報はこちら

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告