能登屋 新世界 西成 山王の民が集う 昭和のお店【大阪グルメ】

能登屋 新世界 西成 山王の民が集う 昭和のお店【大阪グルメ】

2016年春大阪格安ツアーで宿泊しているホテルみかどのすぐそばにある能登屋に2日連続で通った。

新世界近くにあって絶対に観光客は来ないと言えるお店だ。

昭和にタイムスリップしたようなお店で料理は本格的で落ち着けるお店だ。

 

 

能登屋 新世界 西成 山王の民が集う 昭和のお店

▲初日は21時頃、2日目は22時30分頃に入店したが営業していた。24時ころまでやっているようだ。

▲店内はカウンターのみで横に細長いつくり。カウンターの端にショーケースがありおつまみが陳列されている。

▲新世界の達人の知人からはクジラがおいしいと聞いていて注文したがなかったのできずしを注文。

ちなみにをしめさばを関西では「きずし」という。

飲み物は麦の水割り。かのかの水割りなのだが結構濃い。

▲次にはもを注文。梅肉と一緒に食べた。おいしい。

料理はみな本格的だ。

カセットテープの演歌が常時流れていて、100円硬貨を入れるとか一定時間かかるようになっていて、客のリクエストの曲がかかっている。

▲昭和にタイムスリップしたようだ。

まとめ

動物園前駅近くの能登屋はホテルみかどに近く、地元客しか来ないと思われるローカルなお店だ。

料理は本格的で昭和演歌を聞きながらゆっくり落ち着けておすすめだ。

お店情報

関連ランキング:居酒屋 | 動物園前駅新今宮駅前駅新今宮駅

 

(最終更新:2016年6月13日)コメント0件319

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top