酒の穴 新世界 大阪 伝統の八宝菜を堪能【大阪グルメ】

酒の穴 新世界 大阪 伝統の八宝菜を堪能【大阪グルメ】

2016年春大阪格安ツアー 初日は夕方から新世界に繰り出した。

知人から聞いていたおすすめのお店を訪問したので紹介する。

酒の穴 新世界 大阪 伝統の八宝菜を堪能

▲酒の穴とは、なんとも深い名前だ。

平日の18時頃だが中は結構満席に近い。

▲おすすめのトップに八宝菜がある。居酒屋にしては珍しい。

その他にはいわゆる大阪名物のメニューが並んでいる。

▲まずは酎ハイレモンを注文。280円。

▲串カツメニュー

▲店内の飲み物メニュー。

▲早速名物の八宝菜をいただく。

中華料理のそれとは違って汁がうどんのだしみたいでとろみがついていない。

さらっと食べられておいしい。具もそれぞれ歯ごたえが残っている。

▲次にどて煮。柔らかく味がしみていておいしい。

▲串カツセット 400円。牛串、うずら、ウィンナー、ちくわ、たまねきのセットだ。

▲イワシ串。100円。

客の多くが頼んでいたのでマネしてみたが、その理由がわかった。かなりうまい。

▲おでん。関西おでんといえば牛スジだ。

とろとろで柔らかくおいしい。

▲20時過ぎに店を出たらもう看板の電気が消えていた。早くからやってる分終わりは早いようだ。

まとめ

新世界の酒の穴は名物の八宝菜をはじめとして串カツ、おでん、どて煮と、大阪ならではのおいしいメニューが多く、安く飲めるお店だ。

一人でもサッと入れる雰囲気の良いお店だ。

(最終更新:2016年6月13日)コメント0件451

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top