ジャンカレー 木場 東陽店 江東区木場 独特の風味とボリュームのカレー屋【東京グルメ】

2016年5月18日に木場に行く用事があり、久々に「ジャンカレー」を食べた。

僕は2007〜2008年まで江東区の木場に住んでいた。

その時にたびたび通ったカレー屋が「ジャンカレー」だ。

僕はカレーが大好きだが、かなり好きなカレーの部類に入る店であり、ぜひ紹介したい。

ジャンカレー 木場 東陽店 江東区木場 独特の風味とボリュームのカレー屋

▲メトロ東西線の木場駅の西の方の出口を出てさらに西へ行くと東陽三丁目交差点がある。そこを少し西に行くと店がある。

僕が木場に住んでいた期間中に店を改装したのを覚えている。

店内はコの字型のカウンタースタイルで、改装したころのままで非常にきれいだ。

▲店の前に看板メニューがあるが、僕が昔通っていた時にはないメニューだ。

▲食券を買う。昔通っていたときはいつも「エビカレー大辛、大盛」だったがエビカレーのメニューがなくなっていた。

探してみるとエビのトッピングがあったのでそれを「ジャンカレー大辛」に付けた。さすがに今は大盛りは無理だ。

▲普通盛りでもかなりご飯の量は多い。

ここのカレーの特筆すべきはルーの量が多いところだ。ご飯だけ残るということがなくカレーを食べたという満足感が残る。

ルーの味は他店ではない独特のものだ。表現がしずらいが甘みと酸味と辛味とが混在した感じ。

元々甘みがあるので僕には大辛がちょうどいい。小エビの食感ととても合う。

糖質制限を実践している身ではあるが今日は例外。

まとめ

ジャンカレー 東陽店のカレーは甘みと酸味と旨味の効いた独特の風味のカレーでルーがたっぷり入った満足度の高いカレーだ。

本店は新小岩にあり、末広町と合わせて3店舗が営業している。

カレー好きの僕の愛してやまないカレー屋だ。

お店情報

関連ランキング:カレーライス | 木場駅東陽町駅

他のカレー店記事

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告