デュアルディスプレイ体制 並列 新型Macbookに外付けキーボードとトラックパッドをつないでを構築した 【書斎構築】

2016年3月よりMacbookを自宅で使用するときは外部ディスプレイにつないでデュアルディスプレイ体制で使用していた。

 

しかし2ヶ月くらい使用していくうちに使いづらさを感じるようになっていた。

  • 外部ディスプレイを奥、Macbookを手前にならべているので画面と目の近さが違うので見づらい。
  • Macbookのキーボードは小さいので長時間使っていると疲れてくる。テンキーがないので数字を多く打つときに効率が悪い。

上記2点を解消するために、外部ディスプレイとMacbookを前後ではなく左右に置いて、外付けキーボードを使用してみようと考えた。

そこでまず現在の構成にキーボードを加える必要があるが、キーボードはテンキーの付いているWindowsPCで使用していたものを使用することにした。

当然Macbookでブルートゥース認識はしないためUSBポートが必要となり、下記製品を準備した。

IMG_3668

▲USB2.0ハブ 5ポートタイプ 。500円と安価だ。

 

IMG_3690

▲早速接続して、外部ディスプレイとMacbookの横並びデュアルディスプレイ体制が整った。

IMG_3692

▲USB-C対応のAVアダプタのUSBポートにUSBハブを接続してそこにキーボードの無線端子とプリンターとiphoneケーブルをつないでいる。
スクリーンショット 2016-05-01 6.56.57

▲環境設定からディスプレイ設定をして完了。

まとめ

Macbookと外部ディスプレイとのデュアルディスプレイ体制を前後置きから左右置きに変更してキーボードを新たに接続した。

左右に置くことで目から画面までの距離が均しくなって見やすくなった。

また外付けキーボードにすることでキーボードが大きくなってテンキーもあって、当然ながらかなり打ちやすい。

書斎環境がかなり前進した。

この記事を書いた人

むくどり

むくどり

ブログの著者:椋 寛之 (むく ひろゆき)

サラリーマンとしてではなく、個人で独立して生活をしていきたいと思い、2016年1月末で25年間勤めた会社を辞め、現在さまざまな取り組みを模索中です。

好きなもの
卓球、ゴルフ、赤ちょうちん、登山、レトロな町並みや商店街、銭湯

影響を受けている人
勝間和代さん、立花岳志さん、堀江貴文さん、森田健さん、樺沢紫苑さん

1968年生まれ 兵庫県西宮市出身 千葉県浦安市在住

詳しいブロフィールはこちら

広告